WordPressでのログインができない?パスワード忘れた場合など

この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

多くの方がWebサイト(ホームページ)やブログで利用している WordPress
 WordPressのユーザー名やパスワードを忘れてしまった、メモを紛失してしまったなんてことが起こってWebサイトが更新できない、ブログが書けないといった状況でお困りの方はたまにいらっしゃるのではないでしょうか。
くまはちLABで作ってお渡しした WordPressなら本人が変更しない限りそういうことはなくテキストで設定情報を送ってあるので忘れても安心ですが・・・
方法がまったくないわけではないので順番に説明します。

 

 目 次 

パスワードが確実に間違ってる場合

ログイン画面
管理画面のアドレス入れて最初に出てくる画面は、ログイン画面です。
通常、画像にあるようにユーザー名とパスワードが通ればダッシュボードが開くようになってます。
しかし、ここでやり直しを求められるとユーザー名かパスワードが間違ってる可能性がありますね。
くまはちLABで作った場合なら開くことを確認しているのですぐに対応できますが、パスワードが確実に間違ってるという場合は、下に
「パスワードお忘れですか」
ってありますよね
文字がリンクになっているのでここから問い合わせるという方法があります。

 

パスワード忘れた場合
先ほどさわりを紹介しましたが、「パスワードお忘れですか」というリンクを開くと WordPressに登録したメールアドレスを求められます。
これも忘れてしまうとかなりヤバいですけど・・・
これで変更されたパスワードが送られてきます。
もちろん、登録したメールアドレス宛です。
これでログインできれば問題なしですね。
ここまではユーザーの努力でできることだと思います。

 

ユーザー名かパスワードか分からない場合

ログイン画面
間違っているのがユーザー名かパスワードかわからない場合は、ユーザー名を登録したメールアドレスに変更して1度お試しください。
それでもダメだった場合にユーザーさんが続けるよりも作ってもらった方に再度確認してください。
 WordPressの場合は、通常は10回間違えるとロックされます。
作成者がその回数を3回にしてる場合もあります。
だからロックされる前にちゃんと確認する必要があります。
それで正しいユーザー名とパスワード・登録しているメールアドレスがわかればログインできるようになるはずです。

 

SiteGuard WP Pluginを使っている場合

SiteGuard WP Plugin
SiteGuard WP Pluginを使っている場合には、先ほどふれた回数制限があるとともにいろいろ制約があるので筆者は、FTPソフト使ってSiteGuard WP Plugin無効にしてからこれまで書いた事例に基づいて試してみます。
それでもダメな場合に次の項目があります。
ここから先は、慣れてない方はやらないでちゃんと知ってる人に操作してもらってください。
場合によっては修復できなくなる場合もあるので注意して進める必要があるのです。

ここで書いた通りにするにはFTPでのログイン情報が必要になります。

 

データベースを使って変更する

PHP
 WordPressは、 PHP言語で作られていますが、データはデータベースによって保管されています。
このデータベースは、PHPmyAdminから開いてみるのが一般的ですが、サーバーによって違ったりします。
要は、レンタルサーバーによって開く場所が違うといった感じです。

PHPmyAdmin
エックスサーバーでの事例ですが、画像の赤枠のところから開きます。

PHPmyAdmin
PHPmyAdminを開いたところの画像です。
左フレームにあるテーブルを開いてデータを探します。
各テーブルにはプレフィックス(prefix)、「接頭辞」と言われるものが先頭に付いています。
デフォルトのままの場合は「wp_」になってます。
変更した場合は、変更した文字列になりますが・・
「wp_users」というテーブルにユーザー名とパスワード・ニックネーム・登録したメールアドレスが表示されます。

PHPmyAdminデータベース
ここでユーザー名と登録したメールアドレスがわかるので見出しのはじめに戻ってパスワードを変更します。
ここでパスワードを変更するのは危険です。

ログイン画面
ログイン画面からやってください。

 

まとめ

WordPressにログインできない
今回は、単にエックスサーバーの事例だけを紹介しましたが、基本的にはさくらインターネットのレンタルサーバーもCPIサーバーでも同じです。
PHPmyAdminにログインするには、ユーザー名とパスワードが必要になります。
それはwp-config.phpに記載されています。
場所は、 WordPressがインストールされたディレクトリにあります。
ルートディレクトリにインストールされてる場合は、ルートディレクトリにあります。
これを見るためにはFTPの情報が必要になりますね。
FTPについては書きの記事を参考にしてください。

また、ユーザー名とパスワードについては下記の記事も参考にしてください。

ここまでにならないように設定情報は、基本的にテキストファイルにまとめておきましょう。
テキストファイルなら Windowsでも macOSでも同じように開けますので・・・できれば文字コードをUTF-8にしとけば完璧ですね。
macOSユーザーよりも Windowsユーザーが気をつけておかないといけませんね

 


 

チャンネル登録

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
LINEスタンプ
LINE@友だち追加
Vektor WordPress Solutions
Vektor WordPress Solutions

くまはちLABのご利用ありがとうございます!
くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!