Facebookで収益を得ることを考える

この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

Facebookをタダ使っているだけってもったいないっていう方もおられると思います。
今回は、そんな方々に提案したいのはFacebookを使って収益化できるものを生み出しませんかってことですね。
人によってはそのためにスマホ買ったとか今のスマホでアプリ入らないから買い換えたという方までいると思います。
ちょっとくらい回収できたらよくないですかって話を解説します。

 

 目 次 

収益化って何で・・・


Facebookを使って収益を得るって考えたことありますか?
中には創造できない方もいるかもしれないですが、先日Forbes(フォーブス)で掲載された「FBがインフルエンサーの「手数料ゼロ化」を宣言した理由」という記事の中でCEOのマークザッカーバーグは手数料をとらないと発言していると掲載されてます。
メルカリでも売れた10%が手数料で取られます。
アメブロの有料記事は15%とられます。
何でもそのシステムを使うことで手数料をとられるのは当たり前のことなのですが、それをしないってこれはある意味チャンスなのかもしれないですね。
販売グループでの販売利益や有料イベント・ページでの販売など手数料なしで使えるなら収益化できるようにしておくことも大事ですね。
そして YouTubeと同じように動画を収益化することが可能になっています。
コレ意外と知らない方が多いのですが・・・
ただ条件が YouTubeに比べて厳しいと思うこともあります。
あなたならどれをやってみたいですか?

 

販売グループ

あなたの商品グループページで販売しましょう buy and sall
グループには販売が可能なグループと不可能なグループがあります。
そして中には販売してはいけないものもあります。
販売できないものは、下記のHELPページを参考にしてください。

売れる商品がある方は挑戦して販売グループでの収益化を目指すのも良さそうです。
自分でグループを作るよりは既存の販売グループを見つけた方がいいと思います。
これはちょっと1番誰でもできそうなやり方だと思いますね。

 

有料イベント

Facebookイベント
有料イベントをFacebookのイベントで開催するというのもそんなに敷居の高い話ではありません。
冒頭に記載したようにそれもFacebookは、手数料を取らないと言ってます。
Facebookのどこでそのイベントを目にしてもらえるのかがポイントなのです。
多くの方は、ニュースフィードに表示されなければ見ることもできないのですが・・・
オンラインイベントなどで数を集めるとなると1人ではなく協力者が必要なのではないかと思います。
シェアだけでなく興味ある人にメッセージなどを送ってくれる協力者が・・・
 WordPressを持っているならアフィリエイトをやるという選択肢もあります。ただ多くのプラグインは、英語が多く設定できる方が少ないのも事実ですが・・・
そして下記の記事のような問題も・・・

イベント
ポイントは、何のためにその有料イベントを行うのかということです。
バックにある商品を売りたいのか?
生徒にしたいのか?
主催者がどこまでそういったマーケティングを考えるのかです。
かける予算があるのなら広告を使うという手もあります。
Facebookの広告での絞り込みはかなりの絞込みが可能になるので予算があるなら試す価値はあると思います。
現在、WEBマーケティングは個人情報の取り扱いが厳しくなっておりリスト収集などが規制されています。
下記の記事が現況を解説してくれています。

上記記事にあるような状況下でFacebookの広告は例え有料でも活用している方が多いのも事実なのです。

 

動画広告

動画広告
 YouTubeと同じように収益化できることをご存知ですか?
ただ、取り組む方は正直少ないです。
なぜなのかは、スタートに立つことが困難であることが1番ではないでしょうか?

収益化の条件
上記が収益化できる条件です。
クリエイタースタジオに掲載されています。
Facebookページでフォロワー10000人をクリアするためには広告をかなり使うことにもなると思います。
単に以前のように相互いいねなどやっていては到底到達しないでしょう。
広告なしでフォロワーが2000人以上いるという方は優秀だと思っています。
もうおわかりだと思いますが、この敷居の高さが取り組む人を少なくしているのかもしれません。
それなら YouTubeでいいという方が多いのです。
逆転の発想を用いればだからこそやるだけの価値があるかもしれません。
他社との差別化です。
Facebookに広告掲載を認められた動画を配信できるってちゃんとしていなければ配信すらできませんから・・・
ただそのスタートラインに立つことがかなり敷居が高いのも事実ですが・・・

 

まとめ

 現金
収益化する方法は、これがすべてではないかもしれませんが簡単に思いつく方法を掲載させていただきました。いろいろとやるということでは経費がかかるのは世の常なのですが、その中でちゃんと収益化できるものは収益化していくことも大事だと思います。
Facebookは、「Facebookを使って小規模ビジネスを行っている人がアカウントから締め出されて広告費を無駄にする事態が多発」に掲載されるようなこともあるのですが、工夫して収益化できるものもあるというのも事実なのです。

 


 

チャンネル登録

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
LINEスタンプ
LINE@友だち追加
Vektor WordPress Solutions
Vektor WordPress Solutions

くまはちLABのご利用ありがとうございます!
くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!