VidIQを使ったYouTubeの対策

この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

VidIQ visionは、今や YouTubeに動画を投稿する際の必須アイテムと言っても過言じゃないですね。
動画を投稿する際にいろいろなヒントがもらえます。
要は、それらに従って入力して投稿するとはまると思った以上の反響があります。
筆者動画もまだまだ完全ではないですが、VidIQ visionを使って改善したことがいくつかあります。
この記事ではそういったことについて解説します。

 

 目 次 

どんな効果が期待できるのか

YouTube
まず、最初に確認しておくのは YouTubeにアップした動画がより多く再生されたいとかより多くのチャンネル登録者がほしいかどうかですね。
そして大事なことですが、アップした動画で何を得たいのか?
ということなのです。
筆者の場合は、記事だけでは伝わらない部分を動画で記事と一緒に見てもらうというのが大前提にあります。
ということは、記事も動画も検索された時に表示されることが1番望ましいわけですね。
VidIQ visionで表示されたデータを見ながら思ったのは、競合他社のタグにはどんなタグを使っているのかをまず調査することが必要であると考えました。
VidIQ visionが入ってるとその動画を開くと使っているタグがわかります。
パソコン画面では右側のフレームに表示される関連動画に出てくる回数が増えるようにするためにタグを改善するのです。
筆者の場合は、まずその動画があるんだということをより多くの方に知らせるための改善としてVidIQ visionを活用しているのです。
VidIQ visionを使うことで拡散に関するあらゆる手段を確認できてそれを実行することが容易になります。

 

VidIQ visionでチェックするポイント

VidIQスコア
チェックリスト

動画の右側にスコアから始まりチャンネルタグまで表示されます。
これを見るとこれはやってるけどこれはやってないよねって慣れてくるとわかるようになるのです。
極力やってないことをなくすということですね。
筆者は、そうやって改善を図りました。
するとVidIQ vision導入前よりも再生回数は、伸びてチャンネル登録者も増えました。
今はアップロードを休止していますが・・・
今は時間がある時に導入前の動画の改善をしています。
主に効果を痛感するのはタグの変更と追加です。
多くの方がリミットの500字の到底及ばない文字数なんですね。
それを追加することでいい結果につながることもあります。
また外部サイトにどれだけ埋め込みをしたのかということもチェックしています。
それによりソーシャルメディアへのシェアも変わってきますので・・・
基本、双方向で行き来できるように考えています。

 

既存動画の改善

動画
導入前にアップロードした動画も同じような動画を探してタグについていろいろと調査してみました。
タグについては、常に使うタグと動画によって異なるタグがあったり
ただ競合してる動画が使っているタグをパクるだけでなく人が使わないタグも入れてみたり
試行錯誤したこともありますが、試行錯誤したことが大事な経験でしたね。
そして詳細もちゃんと入力するようにしました。
またサイトのドメインが変更になったこともあり、かなり修正が必要になりました。
それとチェックリストを参考にできていなかった部分を修正しています。
まだまだ途中ですが・・・

 

実践した結果

YouTube
実際に修正した後は、修正前に比べて再生回数が伸びた動画があります。
伸びなかった動画についてはタグをもう一度見直しすることとサムネイルの修正を検討しようと思います。
見た目のインパクトも大事だと思っているので・・・
それでも伸びない場合は、動画内容に問題あるかもしれないので撮りなおしかリメイクするしかないと思いますが・・・
基準にしているのはアナリティクスを基準にしています。
また、Twitterにはローテーションで繰り返し投稿をしているのでTweetに関するアナリティクスもチェックしています。

 

まとめ

YouTube
今回は、筆者がやってきた改善策について紹介させていただきました。
今は既存の動画に対しての改善を主にやっていますが新しく動画をアップロードするようになれば再生回数も変わってくると思ってます。
また自分自身で作成した再生リストも意外に効果あると思っています。
筆者の場合は、関連動画に出やすくなるためというよりは同じジャンルの動画を紹介しやすくするために作成したのですが・・・
そもそも YouTubeを使う目的はユーチューバーになることでなくブログの補足としてということとブログ記事への誘導のために活用したいと言う意向だったので内容が雑貨型ではなく特化型の動画内容になってます。
今後もアドセンスの基準は最低限クリアしたいとは思いますが、それが目的のすべてではありません。
あくまでブログ読者に対してわかりやすく伝えることが目的です。

 


 

チャンネル登録

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
LINEスタンプ
LINE@友だち追加
Vektor WordPress Solutions
Vektor WordPress Solutions

くまはちLABのご利用ありがとうございます!
くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!