Google Search Consoleを自社サイト改善のために活用する

この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

Googleアカウントがないというサイト運営者やブログユーザーは、少ないと思います。
Google Search Consoleについてご存知ですか?
名前だけ知ってるとか登録だけしているという方が多くないですか?
メールが来るけど何の意味かわからないとか正直、もったいないですよ
自分のブログや自社サイト改善のためにGoogle Search Consoleをもっと活用してみませんか?

 

 目 次 

Search Consoleって何?

Google Search Console(以下「サーチコンソール」、旧称「Google ウェブマスター ツール」)とは、ウェブサイトをお持ちの方ならだれでも無料で利用できるGoogleのツールプラットフォームです。

サイトをGoogleがどう評価しているかをチェックし、オーガニック検索におけるプレゼンスを最適化することができます。具体的には、参照元のドメイン、モバイルサイトのパフォーマンス、リッチリザルト、トラフィックの多いクエリやページなどを確認することができます。

サーチコンソールは、様々な場面で役に立つツールです。例えば、それまでトラフィックが多かったブログ記事で急にトラフィックが落ち込んだ原因を調べたり、自社のウェブサイト全体で毎月獲得しているインプレッション数を確認したりできます。

サーチコンソールを使って何ができるのかという部分が知らないという方が多いと思います。
サーチコンソールを使ってできること

  • Google検索での表示回数・掲載順位がわかる
  • 新たに追加したページを早くGoogleに伝えられる
  • ウェブサイト上の重要な問題がわかる

ウェブサイト上の重要な問題などは、メールで通知されます。
多くの場合は、わからずにスルーされていますが・・・
例えば「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というエラーを受け取ったとします。
ちょっと勉強しないと何がいけないのかわからず、そのまま放置してしまう。
そういうケースは、非常に多いです。
このエラーの場合、カバレッジに関するエラーであるため、サーチコンソールのカバレッジレポートを確認します。
送信されたURLにnoindexタグが追加されています
該当するエラー項目をクリックすると、そのエラー対象となっているURL一覧が確認できます。
エラーへの対処は、これらのURLリストが、インデックスしてほしいURLなのか、インデックスさせたくないURLなのかによって分かれます。
インデックスしてほしいURLの場合は、noindexタグを除去します。
要は、インデックスしてほしいのにタグが支離滅裂だということです。
こういった修正が行えるのは理屈のわかった人だけになるのですが、自社サイトであればそのまま放置できませんよね。
そのまま放置しないためにも最低限の使い方を知ってほしいと思います。

 

 インデックス
インデックスと言えば、クローラーが収集した WEBページのデータを検索エンジンデータベースに(処理しやすいように整理された状態で)格納されることを「インデックス化」「インデクシング」などといいますが、日本のSEO対策では常用語として「インデックス化される=インデックスされる」と表現しています。

 

基本的な使い方

ではサーチコンソールの基本的な使い方について覚えておきましょう。

インデックス登録をリクエスト

インデックス登録をリクエスト
新しい記事を書いたら上記画像のように新しい記事のアドレスを入れてインデックス登録をリクエストします。
これにより通常より早くGoogleに記事がインデックスされます。
記事を公開したらまずここで記事を登録します。
何もしないよりは早くインデックスされます。

 

サイトの検索キーワードを検索

サイトの検索キーワードを検索
この機能では、検索キーワードごとのクリック率をサーチコンソールで確認できます。
記事の対策キーワードでうまくアクセスを集められているかを確認したり、記事をリライトした際の効果を検証する際に利用します。
検索はされているけどクリックが少ないという記事は、リライトやタイトルにインパクトがないなどの理由が推測されます。
定期的にチェックされることをオススメします。

 

サイトの検索順位を確認

サイトの検索順位を確認
サイドメニューから「検索パフォーマンス」をクリックして、「平均掲載順位」をクリックします。
順位は、固定ではないのです。
1位になったーって喜んでも1日だけかもしれません。
順位は、常に変動すると言うことを覚えておいてください。
まぁそのために時に数百万ほどの投資をされる方いますけど
ずっと1位でないのに数百万の投資って正直、高いと思ってます。
ちょっと横道それましたが・・・
まずは、ここまでの3項目の使い方を覚えていただきたいと思います。
またある程度、運営した後でないと記事の修正などをけんとうするだけのデータが集まりません。
まずは使いながらツールに慣れていただくことをオススメします。

 

7つの基本機能

  • 「検索パフォーマンス」を活用してウェブサイトを改善
    • クエリは絞り込める
    • 期間ごとにフィルタや比較ができる
    • 特定のページの流入キーワードを知る
  • 検索パフォーマンス 改善のためのアドバイス
  • 特定のページの問題を見つける「URL検査」機能
  • 問題のあるページを見つける「カバレッジ」機能
  • サイト全体のインデックスを加速する「サイトマップ」登録
  • ページスピード改善のための「ウェブに関する主な指標」機能
  • モバイルの最適化を助ける「モバイルユーザビリティ」機能
  • 人気が高いページがわかる「リンク」機能

筆者の経験ではアクセスを上げようとするとソーシャルメディアだけに頼った方法ではちょっと厳しいですね。
Googleをはじめとする検索エンジンからの流入をどうやって増やすのかということを考えたときにサーチコンソールBingBingウェブマスターツールなどをいかに活用するのかということに尽きます。
サーチコンソールでいろんなデータをチェックしながら次に書く記事の参考にしたり既存の記事をリライトしてみたりする参考にしています。

 

アナリティクスとの違い

アナリティクス
Googleアナリティクスサーチコンソールの違いは、簡単に言うとサーチコンソールは、サイトを訪問する前の行動がわかります。
Googleアナリティクスは、サイトを訪問した後の行動がわかります。
簡単に言うとそういった使い分けということになります。
訪問前と訪問後でツールが違うということで連携することでコンバージョン(目標設定)までがすべてわかるようになります。
今回は、連携できるということをまず覚えておいてください。
あまり1つの記事で詰め込みすぎると忘れてしまうので・・・

 

改善するためには?

サイトの検索キーワードを検索
サーチコンソールを使ってサイトを改善するためには、どんなキーワードで検索されているのかをまず知るところからはじめます。
表示回数が多いわりにアクセスが少ない場合は、タイトルや紹介文の表示に問題があるかもしれないと推測します。
実際にデータを元にタイトルを編集することもあります。
ただタイトルの見直しは、間違うと余計に見られなくなる可能性があるので慎重に行う必要があります。
タイトルだけでなく見出しについても重要ですね。

 


 

チャンネル登録

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
LINEスタンプ
LINE@友だち追加
Vektor WordPress Solutions
Vektor WordPress Solutions

くまはちLABのご利用ありがとうございます!
くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!