アメブロのアクセス解析

この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

アメブロのアクセスを増やすためにはまず自分のアメブロがどんな時間にどんな方から見られているのかを知る必要がありますね。
そのためにはこれまでのアクセスを分析することが大事なのです。
ただその前にアクセス解析の方法を知らなければいけません。
方法だけでなく内容も知る必要があります。

 

目 次

アメブロのアクセス解析

アメブロのアクセス解析
アメブロのアクセス解析でわかることはたかが知れてます。
アクセス数・記事別アクセス数・デバイス・リンク元・ランキングなどです。
この中で参考になるのは記事別アクセス数くらいしか参考になりません。
アクセス数などは参考程度に1つの目安程度に思ってます。
その中で記事別アクセス数を見る理由としては1番見られてるページ50ということはSNSなどへのシェアでまだ読まれる確率が高いと言うことです。
そういうページを繰り返し投稿する記事に選ぶためなのです。

 

忍者アクセス解析

忍者アクセス解析
アメブロの中で唯一認められてる外部サービスのアクセス解析は、忍者アクセス解析です。
アメブロのプラグインとしてはコレだけです。
ただ注意したいのはスマホの計測ができないということです。
これは設置場所としてサイドバーにしか設置できないため計測はパソコンのみとなります。
アメブロのアクセス解析に比べるとはるかにいろんなことがわかります。
デバイスの種類だけでなくOSやブラウザ・画面解像度など
リンク元のリファーラーまで詳しくわかるので同じアメブロからのリンク元でも誰のページから来てくれたのかがわかりますね。
といってもパソコンでのアクセスに限りますけど・・・
筆者は、ないよりマシ感覚で使ってます。

 

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス
Googleに検索されやすくなる1つの方法としてサーチコンソールとアナリティクスに登録している方も多いと思いますがそのGoogleアナリティクスってどこまで活用できていますか?
上記画像みていただければわかると思いますが、多機能すぎてメニューのどこをクリックして見れば・・・
って方も多くないでしょうか?
メニューが複雑すぎてわからない方も多いのでは?
OS別・ブラウザ別・デバイス・画面解像度やリンク元のSNSなどまでスマホなど含め数字を追っていけるようになってます。
アメブロの場合は、スマホで見られることも多いのでGoogleアナリティクスでどんな感じで見られているのかを知るにはうってつけなのです。
そういったことを知った上で表示確認などをしておく必要性があるのです。
そのためにもそういった情報を得る方法を知っておくべきですね。

Googleアナリティクス
上記画像ではブラウザとOSというデータですが、表示されているのはブラウザです。
左にメニューだけのキャプチャをつけているのはつながりを示すためですね。
ユーザーの中のテクノロジーのブラウザとOSを見るって感じですね。
この画面では切り替えてブラウザとOSだけでなく画面解像度も見ることができます。
どんな環境で見てもらっているかがわかりますね
筆者が主にチェックしているのは下記の項目です。
ユーザー→モバイル→デバイス
集客→ソーシャル→参照元ソーシャルネットワーク
などですね
どこまでやってもこれで完璧ってことはないのですが・・・

 

どのように解析を活用するのか


アメブロで使えるアクセス解析をどう今後に活かしていくのか?
そもそもアクセス解析とは今後の更新に役立てるために行うものです。
1番多く見られてるブラウザは?
1番多く見られてるOSは?
1番多く見られてる画面解像度は?
上記3つの項目での表示確認はもちろんですが、いろいろなことを検証する必要があります。
また、どこから自分のアメブロにたどり着いてくれたのか?
リンク元の調査も大事です。
そしてスマホでアプリ以外での見られ方も知っておく必要がありますね
スマホでTwitter経由で見られた場合にはTwitterのAMPが適用されアドレスも専用のアドレスが用意されてますね。
その場合に記事内部で指定されたスタイルシートも無視されます。
また忍者アクセス解析やGoogleアナリティクス(サーチコンソール連携)では検索されたキーワードがわかりますね。
それも記事作成に活かせる情報の1つです。
アクセス解析を冷静に見て1番見られてる記事から15位くらいまでの記事を繰り返し投稿に入れるとかして
主にどう拡散していくのかというところに活かしていくことを検討します。
筆者は、アメブロでそのようにして繰り返し投稿などを行った結果、Facebookでのシェア数が100を超える記事が多くできてきました。
アメブロでは、パソコンで見ないと確認できませんが・・・

 

まとめ:アクセス解析を有効に使う

アメブロのアクセス解析
アクセス解析での情報の見方はわかったと言う人もいると思いますが、それらを有効に使うためにはやはり1ヶ月とかでなく最低でも3ヶ月スパンくらいで数字をチェックすることです。
そして拡散方法を試した結果をアクセス解析でしっかりとチェックして効果検証することです。
よくなければ違う方法を試すこともあります。
経験上、最初からうまくいくなんてことはあまりないですね。
試行錯誤を続けた結果、これがいいという方法が見えてきます。
ブログのカテゴリーの違いなどにより方法が違うこともあるので試行錯誤するのですが大事なことは継続することです。

 


 

チャンネル登録

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
LINEスタンプ
LINE@友だち追加
Vektor WordPress Solutions
Vektor WordPress Solutions

くまはちLABのご利用ありがとうございます!
くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!