WordPressをディレクトリを変更してインストールする

この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

 WordPressってドメイン直下になくても表示できるってご存知ですか?
筆者は、 WordPress既存サイトのリニューアルをする場合によく使います。
そうすることで運用の邪魔をせずにリニューアルサイトの作成が可能になりますね。
間違うとサイトが表示できなくなるので注意が必要ですがリニューアルの場合など1から作り直すよりこの方法を使うことで簡単にリニューアルサイトを公開できます。

 

目 次

YouTube動画

 

ドメイン直下のファイル構成

ディレクトリを変えてインストールする
上記画像の左側の場合は、通常のままでドメインのトップページに表示されますが、右側の場合はちょっと細工が必要です。
設定の一般でアドレスが表示されているところが2つあるでしょう。
 WordPressアドレスとサイトアドレスがありますね。
 WordPressアドレスというのは設置場所になります。
その設置場所が右側のようにサイトアドレスと違うアドレスが入るということです。

 

.htaccessとは?

.htaccessとは、Apacheを用いたWebサーバにおいて、ディレクトリ単位で設置及び設定を行える設定ファイルである。

.htaccessは、書き方を間違えてしまうとサイトが表示できなくなる重要な設定ファイルです。

 

文字コードとは?

文字コード
 WordPressの場合は、UTF-8でないといけません。
ファイルの修正など Windowsでメモ帳で開くとShift-JISに変換されてしまいます。
 Windowsの場合は、TeraPadをおすすめしています。
macOSの場合は、Sublime Text 3をおすすめしています。 macOSだけでなく Windowsでメモ帳で開くとShift-JISに変換されてしまいます。
 WindowsやLinuxでもインストールして仕様可能ですが・・・
Shift-JISになっていた場合は、すべて選択してコピーしてからUTF-8に変換すると文字化けするのでもう1度すべて選択して貼り付けすることで文字化けなしでUTF-8に変換が可能です。
文字コードを変換すると文字化けしてしまうので注意してください。
macOSの文書が Windowsで文字化けするのも文字コードが違うこととフォントが違うということが1番大きい原因なのです。

 

FTPソフトを使う

FTP
ファイルのやり取りにはFTPソフトを使います。
自分で設定する場合は、必須なので用意してセットアップしてくださいね
FTPソフトを知らない方は、下記の記事を参考にしてください。

FFFTPFTPソフトの使い方
目 次 FTPとは? FTPソフトとは? FFFTPをインストールする FFFTPに接続するサーバーを設定する FTPとは? ...

 

作業内容

index.php
ではどんな作業をするのか?
まず、ルートディレクトリにindex.phpを貼り付けして上記画像の操作をします。

上記部分を修正します。

[wp]というディレクトリに WordPressをインストールした場合の事例です。

次に.htaccessの作成です。
今回は、CPIサーバーでの事例を紹介します。
.htaccess

上記の記述でOKです。
サーバーIDが入るところは自分のIDに差し替えてください。
後は WordPressの設定→一般でアドレス変更が必要です。
設定→一般
上記でのアドレス変更を1番にしてからindex.phpと.htaccessをルートディレクトリにコピペした後に修正します。
この方法でリニューアルもやりやすくセキュリティもアップしますね。
設置場所のディレクトリは別に[wp]でなくてもいいので
任意のディレクトリ名にすることでわかりにくくすることは可能ですね

 


 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
LINEスタンプ
LINE@友だち追加

くまはちLABのご利用ありがとうございます!
くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!