アメブロ 自サイトを分析する準備できていますか?

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

アメブロってちゃんと分析できていますか?
ちゃんとした基準を設定して冷静に分析することってかなり大事ですよ
分析することで次の投稿時間や Facebookにシェアする時間、 TwitterにTweetする時間などどの時間に投稿すればいいのか?
また、どの記事が1番反応がいいのか?
そういったことをちゃんと調べて次の投稿に活かすことって非常に重要です。

 

目 次

アメブロ アクセス解析

アクセス解析
アメブロの管理画面にもアクセス解析があるのですが、ちょっと大雑把な感じですね。
アクセス数以外にもリンク元やパソコン・スマホ・アプリからのアクセスなどがわかるようになっています。
初期設定では7日となっていますが、今日、昨日、7日、1ヶ月という感じでいろいろと変更可能です。ただトータルのアクセス数よりもどの記事が1番見られているのか?
投稿して数日なのか常にそうなのか?
どこから見に来ているのかという経路を知るにはリンク元を確認します。
記事別、デバイスなども大雑把ですが、確認できますね
これらは、かなり重要な情報なのです。
自分のアメブロに検索エンジンから来てくれているのか?
 Facebookから来てくれているのか?
 Twitterからなのか?
アメブロユーザーからなのか?
知っておくと弱いところを補強できますね。

また、どの記事がよく見られているのか?
投稿後時間が経過しても見られている記事がありますか?
そういう記事を持つことは、大事なことです。
それは、記事別のアクセスを一定期間チェックしているとわかってくるのです。

デバイスでパソコンからのアクセスが多い場合は、ツールからのアクセスが多すぎるという危険がありますね。ツールからのアクセスは、何のプラスにもなりません。
ただ数のうちだけでしかないのだから・・・
通常は、スマホやアプリからのアクセスが多いはずです。
ほとんどの人は、スマホで見ています。
まだ拡散する前から傾向についてチェックしておくと次の更新で何をすればいいのか
見えてくるようになります。

 

サーチコンソール

外部ツール接続
Google Search Consoleの設定ってされていますか?
Google Search Consoleを使うことであなたの記事がどんな検索キーワードで検索されているのかがわかります。
しかも無料で使うことができます。
どんな検索キーワードで検索されているのかを知ることはとても重要です。
中には自分が狙った検索キーワードで検索されてないとくやしがる人もいるのです。
記事の中でキーワードを設定するには、リンク画像だけでなく見出しなどを設定するといいですね。

 

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス
Googleアナリティクスって活用されていますか?
ちゃんと設定されているといろいろなことがわかりますよ
これって非常に重要です。
見られている時間帯とか記事がどこから見られているのか?
こちらも無料で利用できます。
分析することで見えてくるものがあります。
他社より1歩リードできることもあります。

 

経路を確認する

参照元
どこからどの程度きているのか?
これは、今までやってきたことを検証することになります。
無料で使えるものを使って自動でできることなど率先して使うとどの程度の効果があるのか?
結果を冷静に分析する必要があります。
効果のないと思われるものについてはやめて次の手を試すことが大事ですね。

 

検索キーワード確認

サーチコンソール
どんなキーワードで検索されているのか?
上記画像のところからスクロールするとクエリの部分で確認できます。
検索に表示された回数や表示されてクリックされた回数が表示されます。
結果だけ見るのではなく検索結果にどのように表示されているのか?
見たことってあります?

検索結果
タイトル抜粋文の表示方法を理解しておくこと
これを知らないと意図しない文章が表示されたりすることがあります。
それは、 Facebookにシェアしたりする場合にもそうですね。
タイトル抜粋文が表示されますが、タイトルが長すぎると抜粋文は表示されません。
検索結果には、画像が表示されないので抜粋文の中に知りたい情報がわかると思える文章が入ってないとアクセスしてもらえないのです。
多くは、冒頭の文章が使われます。
だから冒頭での挨拶などを入れない方法をとっています。
中には筆者の書き方が挨拶もなく気に入らない方もいるかもしれませんが、これは検索結果やシェア・Tweetした時に表示される方法を考慮した書き方に徹底していると言うことをご理解ください。

 

まとめ

Google
Googleのツールを使うことでアメブロのいろいろな情報を知ることができてそのための対策が打てるようになります。
このように分析することは、次の更新につなげて自分のアメブロユーザーを増やすためのものでもあるわけです。
記事数が100記事増えたら確実にチェックしたほうがいいです。
100記事ない場合は、記事を書くことに専念した方がいいですが、超えてきた場合にどう見られているのかをチェックしながら記事を増やしていくことを考えることが大事です。
ユーザーが何を求めているのかがだんだんわかってくるようになりますよ
それを知ることが大事です。

 


 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
LINEスタンプ
LINE@友だち追加

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!