Facebook 特殊なテキストで目立ってみる

この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

通常、 Facebookなどソーシャルメディアに投稿する場合に文字体を変更するなどできないことが多いですね。  Facebookの場合には、グループで文字体ではなく文字の大きさや太さを変更したりする機能がパソコンからアクセスされた場合のみ使うことが可能です。 今回は、通常の投稿でもちょっとお洒落な文字体を使うことができる方法を解説します。

 

目 次

Facebookグループでの文字変更

グループへの投稿
 Facebookは、パソコンで開いたらグループの投稿に限って見出しをつけたり太字斜体などが使えたりします。 パソコンで開いた時だけなのであまり使っている人もいませんけど 引用やリスト表示なども可能なのでミニブログと同じような投稿ができたりしますね

 

yay textとは?

Yay Text
超クールなユニコードテキストが使えるサイトです。 生成されたユニコードテキストは、 Facebookだけでなく Twitterだけでなくアメブロ WordPressでも使えたりしますね。

Your Textの横のテキストボックスに文字を入れて

copy」というボタンを押すだけ・・・

後は、投稿するボックスに貼りつけるだけでOK

英語の方がいろいろ文字装飾の種類があって面白いです。

Yay Text
上記は、 Facebookに投稿したテキストです。 あまり使っている人がいないので目立つかもしれませんね。

上記は、 Twitterへの投稿です。  Facebook Twitterも使えるのですが、日本語よりもアルファベットの方が使いやすいです。

 

 

投稿について

2016年4月13日の Facebookでの投稿です。

一見、普通の投稿に見えますが、文章の終わりに注目

Ⓚⓤⓜⓐⓗⓐⓒⓗⓘ

ってなってますよね。

 Facebookなどで通常は、文字装飾などできないのですが・・・

Yay Textサイトに行ってコピペしたらできるんですね。

 

活用事例

実際に筆者が使っている投稿を見てください。

基本的にアルファベットの部分だけYay Textを使って装飾しています。

中には上記のように表示されることもありますが、上記の埋め込み投稿も Facebookで開いていただくとちゃんと文字が表示されております。

→ Facebookで見る

 

まとめ

Facebook 特殊なテキストで目立ってみる
筆者が普段ほとんどスマホを使うことがないのでスマホでは試していませんが、パソコンからの投稿であれば Facebook Twitterだけでなくアメブロ WordPressにも使えるYay Textユニコードテキストのお話でした。 皆さんも1度使ってみてください。

 


 

チャンネル登録

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
LINEスタンプ
LINE@友だち追加
Vektor WordPress Solutions
Vektor WordPress Solutions

くまはちLABのご利用ありがとうございます!
くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!