Googleと連動させるためのプラグインを使う

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

無料ブログや WordPressなどだけでなくすべてのWEBサイトを運営するオーナーの皆さんが使うであろうGoogleが提供するサービスがありますね。
Google AnalyticsSearch Console・Adsense・PageSpeed Insights・Optimize・Tag Managerなどを使われている方が多いですね。
今回は、 WordPressを使っているならわざわざそのページに行かなくても管理画面でそれを確認できたりします。
いろんな プラグインを使うこともできますが、今回は代表的な4つの プラグインを紹介しながら活用のヒントについて解説します。

 

目 次

Googleと連動させるためのプラグイン

プラグイン
 WordPressには、GoogleのGoogle AnalyticsSearch Console・Adsense・PageSpeed Insights・Optimize・Tag Managerなどのサービスと簡単に連動させたりして管理画面だけで見れるようになる便利な プラグインがあったりします。
そういった プラグインを使うことでいろいろな情報を時短しながら確認することができます。

 

Google Analytics Dashboard for WP

アナリティクス

この プラグインは、Google Analyticsだけなのですが、管理画面トップに数字が表示されて簡易的に見るには楽な プラグインですが、Site Kit by Googleを使うなら不要になりますね。

 

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

Search Consoleを使うときにサイトマップありますか?
って聞かれてそのアドレスを求められます。
この プラグインがあれば自動的に作成されているのでそのままアドレス入れると認識してくれます。
ただ、All in One SEO PackYoast SEOの中にもその機能があります。
Jetpackにもその機能があります。
筆者は、Jetpackでその機能を使っているのでこの プラグインは、使っていませんが・・・

 

Google Tag Manager for WordPress

Google Tag Manager

Tag Manager WordPressを連動させる プラグインになります。

Tag Managerとは

タグマネージャーとは、Googleアナリティクスなどの効果測定用タグや、リターゲティングタグやコンバージョンタグといった広告に関するタグなどを、一元管理するためのツールです。 対象となるすべてのWebページにタグマネージャーのコードを記述すると、そのコードひとつでさまざまなタグの役割を果たせるようになります。

詳しい解説は、ferretさんの記事でされています。
かなり詳しいですが、記事が5年ほど前の記事になりますので変更されている部分があるかもしれませんね。

インストールと設定

 プラグインの新規追加で「Google Tag Manager」と入力して待つと プラグインが表示されるので「今すぐインストール」のボタンをクリックしてインストールします。
完了後は、「有効化」のボタンになるので有効化しておきます。
設定は、下記のページが参考になります。
ただ、これもSite Kit by Googleを使うなら不要と言いたいところですが、Site Kit by Googleがタグを追加してくれてはないようでそのまま置いておいた方がいいですね。
将来的に要らなくなる可能性大ですが・・・

 

Site Kit by Google

Site Kit

Site Kit by Googleは、Googleのサービスページにわざわざ新しいタブを開いてアクセスしなくてもその概要が確認できるという統合のための プラグインになっており、Google AnalyticsSearch Console・Adsense・PageSpeed Insights・Optimize・Tag Managerと連動させることができるかなり便利な プラグインになっております。
 プラグインの新規追加で「Site Kit」と入力して待つと プラグインが表示されるので「Site Kit by Google」の「今すぐインストール」のボタンをクリックしてインストールします。
完了後は、「有効化」のボタンになるので有効化しておきます。
サービスを連動させる場合は、 Chrome でGoogleにログインした状態でやるとスムーズにできます。
サービスに登録して設定しておくと先述の動作は該当するアカウントを選択するだけで自動的に選考してくれます。
そういったところは、非常に便利です。

 

Chrome拡張機能

Tag Assistant

Google Tag Manager for WordPressSite Kit by Googleを使うときに一緒にあればいい拡張機能それが、Tag Assistantです。
Google アナリティクスのタグの動作確認や、サイトにどのようなタグが使われているのかを確認することが可能です。
サイトを運営していく中でタグの導入は欠かすことができません。しかし、自分では正しくタグを設定したつもりでも、実際にはうまく機能していない場合もあるため、タグを設定した後は正しく動作するかをチェックしなければいけません。そのチェックができるのがGoogle Tag Assistantです。

注意しなければならない点は、現状では日本語には非対応となっているため、エラーなどは全て英語で表示されることです。
主な利用目的は、ユーザーの動向を調査するということです。
そういう意味では、Google Analyticsとあわせて使うと効果的ですね

 

まとめ

Googleと連動するためのプラグイン
ブログやホムペを運用していくためにGoogleが無償で提供しているサービスを使わないということってありえないですね。
万が一、はじめてで知らなかったという方は、今すぐ登録しておくべきですね。
今回紹介させていただいた プラグイン Chrome の拡張機能であるTag Assistantは、くまはちLABでも1度は使ったことのある プラグインと拡張機能になります。
その中でやはりおすすめは、Google Tag Manager for WordPressSite Kit by Googleの2つの プラグインにあわせて先ほどのGoogle Tag Assistantという Chrome の拡張機能を使うことがおすすめです。

 


 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
くじらモバイル登録
LINE@友だち追加

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!