アメブロでの記事の構成を考える

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

アメブロで記事を書く人は多いですが、その多くの方は読まれない
なぜ、読まれないのでしょうか?
その理由は様々ですが、仕事にいかすために使っている場合はターゲットがはっきりしないとか
記事の書き方に問題がある場合が多いのです。
仕事にいかしたくて記事を書いているのであれば友だちや既存のお客様に読んでもらうだけではダメだと思いませんか?
いろんな原因の中から今回は、記事の構成を見直してみてはいかがでしょうか?

 

目 次

アメブロの記事が読まれなくて困っていませんか?

WordPress活用講座
アメブロが読まれてないって思ったことありませんか?
アクセス数あるのに内容が伝わってない
もしくは記事数あっても読まれていないなど
仕事にいかすために使うのであれば致命的ですね
もしかすると自分の自己満足ブログになっていませんか?
仕事にいかすのであれば食事や日常の出来事などいらないですね
それは、ネタがないからそうなっているのかもしれません。
ただそのままではよくないのはわかっているけど
何を変えればいいのかがわかってない方が圧倒的に多いのでは?

 

友だちにしか読まれない理由

Facebookにシェアされた記事やTwitterにTweetされた記事を読むと正直、友達以外は読む事ないなって記事は多いですね
なぜ、そうなるのかって意識を持たれたことありますか?
それは、記事の内容や拡散の方法などを見てそう判断してしまうことが多いです。
事例を交えて解説しますね

ソーシャルにシェアした時の表示方法

Facebookシェア
ソーシャルにシェアやツィートした時に内容までちゃんとわかるようになってますか?
シェアやツィートしたときに大きいサムネイルがついていない
タイトルにキーワードがないなど
スマホで見たときにスクロールする手が止る内容でないなど


記事の内容

記事内容

画像をところどころ使われていますが、見出しもなくただ書いてる感じ
文字を装飾してるだけマシなのかな
見出しというのは検索エンジンにも認識されてキーワードを入れた見出しにすることで検索エンジンから拾われやすくなります。
アメブロの場合は、ドメインパワーがあるのでそれもなおさらなのです。
そういった部分が友達が見るだけでなく検索からも見られるということにつながるのです。
検索からの流入増加は、誰しも歓迎すべきことではあるのですが・・・

 

記事を見直してみる

記事の見直し
では、記事をどのように見直していくといいのか?
一緒に考えてみましょう。

まず、アメブロの仕組みを知る


アメブロの仕組みとは?
アメブロは、ワードプレスのように無限に書くことはできない
HTMLタグ含めエディター内で書ける文字数は、半角で40000字と決まっているのです。
ということは、スタイルシートで装飾しすぎてもそれだけ肝心な内容が伝えられないということにもなります。
また、FacebookやTwitterなどにシェアする場合に表示される画像を「OGP画像」といいますがこれも決まりがあります。

上記の記事を書かれた方と同じように1枚目で使う画像が基本的にOGP画像として使われます。
ただし、上記で紹介したわざめーばさんも記事に書かれている通り
小さすぎる画像を使うと選択されずプロフィール画像になるのです。
OGP画像は、横幅X縦幅が1200px X 630pxであれば大きい画像としてFacebookやTwitterで表示され画像が切れているということもありません。
そういった仕組みをあなたの味方にする使い方が大事なのです。
そしてタイトルは、27文字までにしておくとFacebookでは1行で表示されて抜粋文が表示されます。
Facebookシェア
OGP画像だけでなくタイトルも大事なのです。


アメブロの仕組みにあわせて記事内容を見直す

アメブロ記事
上記は、くまはちLABのアメブロ記事なのですが、まず画像がありますね
この画像がOGP画像になります。
そしてはじめの文章があるのですが、この部分の文章は毎回同じにならないように気をつけています。
次に目次と見出しを使うようにしてどんな内容の記事なのかわかりやすくしております。
最後に必ずお知らせやその他の情報などを入れるようにしています。
スマホで見たときにサイドバーやグローバルナビの情報が表示されないので記事内に入れるようにしないと伝わらないのです。

 

記事構成を変えるための提案

では記事の構成を変更するために何をすればいいのか
具体的にお話していきますね
記事を多く書かれている方はリライトすることで変わるかもしれません。
記事のサンプル

ソーシャルにシェアされることを意識する

Facebookへシェア
FacebookにシェアされるTwitterにTweetされた時にどう見えるのか?
そういったことを想定した時にシェアした時に表示されるOGP画像をどう配置していくのか?
ただフリーの画像を使うだけでなくちゃんと文字入れまでしている方がわかりやすく目を引くのは言うまでもないでしょう。
そういった画像を1枚目の画像に使うということを徹底すること
また、先述のようにタイトルは27文字でまとめることが必須ですね


目次と見出しの使い方

目次
グレーストライプ見出し
目次はただ設置するだけでなく見出しにページ内リンクしておきます。
そうすることで訪問者は、知りたいところだけを読むことも可能になりますね
目次の枠組みや間に入るリストは、スタイルシートで装飾することも可能です。

 

テンプレート使うと簡単

テンプレート
実はテンプレートがありメルマガ購読者に対して配布しております。
このテンプレートを使う場合にブラウザによって使うツールが違ったりします。
 Google Chrome であればAmecareInsertTextなどを使います。
 Firefox の場合は、Clippingsを使います。

テンプレートを使うと楽できる

先述のように拡張機能を使うのは、はっきり言って便利で簡単だから
例えばよく使う囲み枠などアメブロの場合は、ワードプレスのように外部スタイルシートに書いておくこともできず、インラインスタイルシートと言ってHTMLの中に書く方法を使うのでそれを毎回、メモ帳などからコピペしてると時間がかかって仕方ないです。
 Google Chrome AmecareInsertTextを使えば右クリックだけで簡単にタグ挿入が可能です。
 Firefox でClippingsを使う場合も同じです。
テンプレートを効果的に使うことで記事作成時間も短縮できます。
ただアメブロの記事編集はどちらかというと Google Chrome を使うことをオススメしています。


テンプレートを自分のアメブロに合わせる方法

テンプレート
テンプレートで自分のアメブロに合う色がない場合は、自分で編集していただいてOKです。
色コードについては、下記のページで公開しています。
→ 色コード

また、フォントサイズや太さについても合わせて変更してください。
スタイルシートによって書き方の違いによって単位が違ったりしますのでうまく自分のアメブロに合わせていただければと思います。

 

テンプレートが使われているアメブロ

アメブロでテンプレート使っている記事を紹介させていただきます。

自社のアメブロも使っていますよ

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
くじらモバイル登録
LINE@友だち追加

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!