ColibriWP

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

 

【詳細】

Colibriはカスタマイザーを次のレベルに引き上げ、単一のインターフェースでウェブサイトのあらゆる側面をカスタマイズできます。
これには、ヘッダー、ページコンテンツ、フッター、ナビゲーションメニュー、グローバルおよび個別のスタイル設定が含まれます。
実際にインストールしてみると独自のページビルダーが自動的にインストールされてちょっと慣れないと扱いが難しいといった印象を受けました。
初心者の方は、とても手に負えないかもしれません。
他のテーマである程度慣れていて自己解決能力のある方であればトップページをランディングページ化したようなサイトを作成できます。
3つの必須プラグインのうちColibri Page BuilderContact Form 7は使いますが、One Click Demo Importについてはほぼ使わないと思います。
デモは1つだけインポートすればいいので何度もインポートすると固定ページが同じタイトルで生成されるので気をつけてください。

【ダウンロード】

Colibri WP


ダウンロードページ

【インストール】

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

子テーマ

なし(自身で作成)
子テーマおすすめプラグイン ダウンロード

参考サイト

投稿者名の非表示方法

スタイルシートで非表示

 

オーナーページの非表示方法

子テーマでカスタマイズして404ページへリダイレクト(くまはちLABのカスタマイズしたOne Click Child Themeを使うと作成するだけで可能になります。)

必須プラグイン

WordPressのことならくまはちLABへ
WordPressのことならくまはちLABへ



くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!