One Click Demo Import

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

【詳細】

このプラグインの最良の機能は、テーマの作成者がテーマでインポートファイルを定義できるため、ユーザー(テーマのユーザー)がしなければならないことは、「デモデータのインポート」ボタンをクリックすることです。
あなたはテーマの著者ですか?

テーマのワンクリックデモインポートを設定すると、ユーザーから感謝されます!

このプラグインをテーマに合わせて設定する方法については、この簡単なガイドに従ってください!

また、ニュースレターに登録して、更新、変更、改善についてお知らせします。

テーマユーザーですか?

テーマの作者に連絡して、このプラグインについて知らせてください。 テーマの作成者は、15分以内にこのプラグインと互換性のあるテーマを作成し、より使いやすくすることができます。

「テーマ作者の連絡先はどこにありますか?」

このプラグインは、[デモデータのインポート]というタイトルの[外観]の下にサブメニューページを作成します。

使用しているテーマに事前定義されたインポートファイルがない場合、3つのファイルアップロード入力が表示されます。最初の1つが必要です。実際のデモのインポートには、デモコンテンツのXMLファイルをアップロードする必要があります。 2番目はオプションであり、ウィジェットのインポート用にWIEまたはJSONファイルを要求します。このファイルは、Widget Importer&Exporterプラグインを使用して作成します。 3番目のオプションもオプションであり、カスタマイザー設定をインポートし、カスタマイザーエクスポート/インポートプラグインから生成できるDATファイルを選択します(カスタマイザー設定は、エクスポートファイルが同じテーマから作成された場合にのみインポートされます)。最後のものもオプションであり、Reduxフレームワーク設定をインポートします。 Reduxフレームワークプラグインを使用して、エクスポートJSONファイルを生成できます。

このプラグインは、開発中の改良されたWPインポート2.0を使用しており、https://github.com/humanmade/WordPress-Importerにあります。

このプラグインの作業のすべての進行状況は、インポートプロセスで使用されるデモインポートファイルとともに、デフォルトのWPアップロードディレクトリのログファイルに記録されます。

注:デモインポートファイルから作成者をWPサイトの既存のユーザーに「接続」する設定はありません(元のWP Importerプラグインにあるような)。 すべてのデモコンテンツが現在のユーザーの下にインポートされます。

【ダウンロード】

One Click Demo Import


ダウンロードページ

【インストール】

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

PHP対応

バージョン7.2でも動作しております。

使用感

無料ワードプレステーマTotalで必須プラグインに指定されておりHash Themesのテーマなどで使われています。

参考サイト

設定

Totalのページ内にある動画を参考にしてください。

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!