Tempera

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

 

【詳細】

Temperaを正しく設定するには、非常に厳密な設定を行う必要があります。
200を超える設定の非常に強固なフレームワークから始め、非常に軽量なユーザーインターフェースを追加し、50以上のフォント(海外フォントのみ)を追加されており、Googleフォントにも対応しております。
日本語表記の場合は、Googleフォントがいいかもしれません。
次に、12個のウィジェット領域を一貫性を保つために散布し、スライダーと無制限の列をカスタマイズ可能なプレゼンテーションページに組み込まれています。
アイキャッチ画像をスライダーにできるポストスライダーでもいいですが、本当にアピールしたい場合は、5つの画像を用意してそれぞれランディングページやサービスページなどにリンクさせる方がビジネスサイトではいいと思います。
その後、すべての投稿フォーマット、雑誌やブログを含む8つのレイアウト、40以上のソーシャルアイコンを散りばめ、さらにカスタマイズ可能なトップバーに表示させたりすることが可能です。
また、Tempera設定では日本語対応がされているので設定にそれほど困ることはありません。
RTL言語サポートもされております。
Temperaは、プリセットの配色で16種類のバリエーションがあります。

【ダウンロード】

Tempera

【インストール】

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

子テーマ

なし(自身で作成)

参考サイト

投稿者名の非表示方法

カスタマイザーより可能

オーナーページの非表示方法

子テーマでカスタマイズして404ページへリダイレクト

WordPressのことならくまはちLABへ
WordPressのことならくまはちLABへ



くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!