WordPressで確実に予約投稿する

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

 WordPressに限らずアメブロなどでも 予約投稿する機能がありますね。
予約投稿の設定そのものは難しくないですが・・・
確実に 予約投稿するためには、ちゃんと設定が必要なのです。

 

目 次

 予約投稿とは?

予約投稿
アメブロの 予約投稿設定ですが、 ブログにはたいてい 予約投稿できる機能がついてます。 WordPressにももちろん 予約投稿があり、日時を指定して投稿することが可能です。

常に決まった時間に手動で投稿するってサーバーメンテナンスなどの理由以外でも中々困難なことも多いです。また、毎日決まった時間に投稿したい場合などもそうですね。
これは、投稿を知ってもらうためにJetpack  や Bufferなどを使ってソーシャルメディアへ投稿する場合なども時間が読めるので大変便利であったりします。

 予約投稿の設定

予約投稿
投稿画面の右側にある公開のタブ矢印の部分で設定します。

予約投稿
ちょっと拡大してみましたが、この場所で投稿したい未来の時間を設定したら基本的に設定完了なのですが・・・
それならわざわざ記事にすることもないよねって思う方もいるのでは?
そう、そのまま設定してもやり始めはほとんどの確率で投稿されないこともあります。
えーーーーなんで?
って思う方もいるでしょう。
巷ではアクセスがないと投稿されないとか書かれているブログもありますが・・・
確実に投稿されるための設定をしておく必要があるのです。

 WordPressの予約投稿は、「wp-cron.php」で擬似的にcronのような自動実行をしています。予約投稿の際は、 WordPress自身が WordPressにアクセスして投稿を行います。下記の場合は、予約投稿ができません。

  • ベーシック認証を利用している場合
  • キャッシュ系プラグインが原因の場合

 

Cronって何?

時計
Cronとは、Unix系のサーバーOSのプログラムの1つであらかじめ何時になったらこの操作をしてねってことをやってくれるプログラムのことです。
このCronを代替設定するもしくは、サーバー側で設定することで確実に予約投稿されることになります。

 

代替Cron設定

代替Cron
wp-config.phpに上記の設定をすることで投稿される確率があがるのですが、WordPress Codex日本語版  にも書かれているように不安定になるとのことです。この方法はやったことないので何とも言えませんが・・・

 サーバーでのCron設定

レンタルサーバーによっては、サーバー側でこのCronを設定することができます。下記の3つのサーバーでの設定方法について解説します。

CPIサーバー

CPIサーバーCron設定
ポータルサイト→ウェブコントロールパネル→公開サイト用設定→スクリプト定期実行ツールで上記が開きます。
実行するスクリプトは、wp-cron.phpになります。ルートディレクトリ以下のフォルダーが表示されているので選択します。
PHPのバージョンは、CPIサーバーの場合は、7.0を選択します。
実行スケジュールは、15分毎でOKだと思います。これまでは、それで問題なく稼動しています。

さくらサーバー

さくらサーバーCron設定
さくらサーバーのコントロールパネル左側のメニューのCron設定より設定が可能です。
ここで設定できるのは、5つまでなので超える場合は、他の方法が必要になります。

さくらサーバーCron設定
アカウント名・ドメイン名・ディレクトリなど自分の環境に合わせて変更してください。

 

お名前ドットコム共用SDサーバー

お名前ドットコムコントロールパネル
お名前ドットコムのコントロールパネルには、Cron設定する場所がありません。
ということは、使えないということなのか?
確かにここでは、使えませんが代替方法があります。

Cronjob
Cronjob  を使う方法です。使い方は、下記のページでご確認ください。

YouTubeチャンネル

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!