子テーマで404ページをカスタマイズする

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

WordPressに限らずWEBサイトの中で404ページというのがどのサイトにも必ず存在します。
404ページって何?
って方もいるかもしれませんが、これはページが見つからない場合に表示されるページのことです。
いろんなサイトで実は、オリジナルの404ページが数多くあるのです。
そういった実例を紹介しながらどうしたら自サイトの404ページをカスタマイズするのか?

 

 

目 次

404ページとは?


冒頭でも記載した通りWEBサイトの中において404ページは、リクエストされたページがない時に表示されるページのことです。例えば5年前の記事を削除した後にたまたまそのアドレスを知っているユーザーがアクセスした場合などは、404ページが表示されるということになります。

10数年前までは、オリジナルなどあまりなくサーバー側で用意されているページを表示させることがほとんどでした。それが近年は、いろんなCMSが出てきたこともありカスタマイズされるサイトも増えてきました。

カスタマイズするには?

ライフハッカー404ページ
親テーマをカスタマイズすると親テーマがアップデートした時にカスタマイズした部分がすべて消える可能性があるので子テーマの使用が必須になります。子テーマについては、下記のページで解説しています。

MH Magazine Lite
多くのテーマは、テーマファイルの中に404ページが存在しますので親テーマから子テーマにコピペしてそのファイルをカスタマイズすることになります。テーマの中には、404ページをカスタマイズできるテーマがあったりします。
残念ながら親テーマに404.phpがなかった場合には、page.phpをカスタマイズして404.phpにリネームします。
これは、テーマごとにHTMLを出力するPHPでタグの構成が違うためにテーマが変更されるたびに作成する必要があるのです。

テーマ別404ページ

Lightning 404ページ
Lightningでの404ページカスタマイズのサンプルになります。
Lightningには、親テーマにコピペできるファイルが存在しません。
なので、page.phpをカスタマイズしております。自由にコピペして使ってください。

MH Magazine Lite  やSimplicity2  ・Business Point  ・Stinger Plus2  などは、親テーマ内に404.phpが用意されているのでそれを子テーマにコピペしてカスタマイズすればOKです。

MH Magazine Lite 404.php

Simplicity2 404.php

Business Point 404.php

Stinger Plus2 404.php

 

実は、中身についてはHTML

404.php
PHPファイルですが、実は中身にはHTMLで記述されています。編集箇所さえわかればコピペで編集が可能です。
要は、どこからどこまでをカスタマイズするのかというところになります。

 

ただ、見つかりませんでは・・・

404ページサンプル
ただ、見つかりませんと表示されただけでなく日本語でわかりやすく説明することも大事な部分かもしれません。

最近ちらほら見かけるのは、検索ボックスが設置されている404ページになります。
まだカスタマイズも完成ではないのでもう少しいろいろと試行錯誤するかもしれません。

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!