WordPressでテーマの設定が反映しないプラグインがうまく動作しない時に確認しておきたいこと

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

WordPressをはじめた頃、設定の方法とかよくわからないまま触りまくって真っ白になってしまったり、いろんなトラブルがあったのですが今思えば知っていれば無駄にしなかった時間は多いなぁ~って思っています。無駄な時間を過ごさないための基本的な確認すべき項目について解説します。

 

目 次

ブラウザのチェック項目

WordPressの設定やカスタマイズがうまく反映しない原因はWordPress以外に原因があることもあります。その1つが[simple_tooltip content='インターネット上のウェブ ページの情報を画面上に表示するための閲覧ソフト。また一般に、コンピュータのデータやプログラムを、画面上に文字や画像として表示するためのプログラムも言う。']ブラウザ[/simple_tooltip]です。
[simple_tooltip content='インターネット上のウェブ ページの情報を画面上に表示するための閲覧ソフト。また一般に、コンピュータのデータやプログラムを、画面上に文字や画像として表示するためのプログラムも言う。']ブラウザ[/simple_tooltip]のどこを見直す必要があるのか解説します。

キャッシュ(Chrome)

Google Chrome
Chrome  では、[simple_tooltip content='一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存しておくこと。 たとえば、Webブラウザは、一度閲覧したページやそのページで使われている画像をキャッシュとしてハードディスクに保存している。同じページをあとから見る場合や、一度表示した画像やCSSファイル、JavaScriptファイルが他のページでも使われている場合には、改めてサーバーと通信してデータを取得するのではなく、ハードディスクから読み込むことで、表示を高速化している。 ブラウザ以外でもキャッシュの仕組みを利用しているプログラムは非常に多い。Webサイトに関する部分だけでも、サーバーのOSがもつファイルキャッシュ、データベースサーバーのインデックスキャッシュ/テーブルキャッシュ/クエリキャッシュ、サーバーサイドスクリプト言語の中間コードキャッシュ、コンテンツ管理システムのデータキャッシュ/ページキャッシュ、クライアントOSのDNSキャッシュなど、さまざまな段階でキャッシュが行われている。']キャッシュ[/simple_tooltip]が貯まっているとスタイルシートなどの変更が反映されずに変更前のままの表示を続けることがあります。そうならないように[simple_tooltip content='一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存しておくこと。 たとえば、Webブラウザは、一度閲覧したページやそのページで使われている画像をキャッシュとしてハードディスクに保存している。同じページをあとから見る場合や、一度表示した画像やCSSファイル、JavaScriptファイルが他のページでも使われている場合には、改めてサーバーと通信してデータを取得するのではなく、ハードディスクから読み込むことで、表示を高速化している。 ブラウザ以外でもキャッシュの仕組みを利用しているプログラムは非常に多い。Webサイトに関する部分だけでも、サーバーのOSがもつファイルキャッシュ、データベースサーバーのインデックスキャッシュ/テーブルキャッシュ/クエリキャッシュ、サーバーサイドスクリプト言語の中間コードキャッシュ、コンテンツ管理システムのデータキャッシュ/ページキャッシュ、クライアントOSのDNSキャッシュなど、さまざまな段階でキャッシュが行われている。']キャッシュ[/simple_tooltip]を削除する必要があります。[simple_tooltip content='一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存しておくこと。 たとえば、Webブラウザは、一度閲覧したページやそのページで使われている画像をキャッシュとしてハードディスクに保存している。同じページをあとから見る場合や、一度表示した画像やCSSファイル、JavaScriptファイルが他のページでも使われている場合には、改めてサーバーと通信してデータを取得するのではなく、ハードディスクから読み込むことで、表示を高速化している。 ブラウザ以外でもキャッシュの仕組みを利用しているプログラムは非常に多い。Webサイトに関する部分だけでも、サーバーのOSがもつファイルキャッシュ、データベースサーバーのインデックスキャッシュ/テーブルキャッシュ/クエリキャッシュ、サーバーサイドスクリプト言語の中間コードキャッシュ、コンテンツ管理システムのデータキャッシュ/ページキャッシュ、クライアントOSのDNSキャッシュなど、さまざまな段階でキャッシュが行われている。']キャッシュ[/simple_tooltip]の削除方法は、以下の通りです。

履歴を呼び出す
右上の赤枠のところからドロップダウンを表示して[ 履歴 → 履歴 ]で履歴を開きます。

履歴の表示
履歴が表示されたら左側のメニューの削除をクリックします。

キャッシュを削除する
この画面で[simple_tooltip content='一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存しておくこと。 たとえば、Webブラウザは、一度閲覧したページやそのページで使われている画像をキャッシュとしてハードディスクに保存している。同じページをあとから見る場合や、一度表示した画像やCSSファイル、JavaScriptファイルが他のページでも使われている場合には、改めてサーバーと通信してデータを取得するのではなく、ハードディスクから読み込むことで、表示を高速化している。 ブラウザ以外でもキャッシュの仕組みを利用しているプログラムは非常に多い。Webサイトに関する部分だけでも、サーバーのOSがもつファイルキャッシュ、データベースサーバーのインデックスキャッシュ/テーブルキャッシュ/クエリキャッシュ、サーバーサイドスクリプト言語の中間コードキャッシュ、コンテンツ管理システムのデータキャッシュ/ページキャッシュ、クライアントOSのDNSキャッシュなど、さまざまな段階でキャッシュが行われている。']キャッシュ[/simple_tooltip]を削除します。赤枠の部分だけチェックしておけばOKです。この画面は、設定からも呼び出すことが可能です。

設定の表示
右上の赤枠のところからドロップダウンを表示して設定を表示します。

設定
設定が開くとスクロールしてください。

詳細設定
スクロールすると上記画面のようになります。
ここで詳細設定をクリックして開きます。

履歴を削除
「プライバシーとセキュリティ」の1番下の「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。

キャッシュを削除する
先ほどと同じ画面が表示されました。この画面で[simple_tooltip content='一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存しておくこと。 たとえば、Webブラウザは、一度閲覧したページやそのページで使われている画像をキャッシュとしてハードディスクに保存している。同じページをあとから見る場合や、一度表示した画像やCSSファイル、JavaScriptファイルが他のページでも使われている場合には、改めてサーバーと通信してデータを取得するのではなく、ハードディスクから読み込むことで、表示を高速化している。 ブラウザ以外でもキャッシュの仕組みを利用しているプログラムは非常に多い。Webサイトに関する部分だけでも、サーバーのOSがもつファイルキャッシュ、データベースサーバーのインデックスキャッシュ/テーブルキャッシュ/クエリキャッシュ、サーバーサイドスクリプト言語の中間コードキャッシュ、コンテンツ管理システムのデータキャッシュ/ページキャッシュ、クライアントOSのDNSキャッシュなど、さまざまな段階でキャッシュが行われている。']キャッシュ[/simple_tooltip]を削除します。

キャッシュ(Firefox)

firefox
Firefox  の場合もChrome  と同様に[simple_tooltip content='一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存しておくこと。 たとえば、Webブラウザは、一度閲覧したページやそのページで使われている画像をキャッシュとしてハードディスクに保存している。同じページをあとから見る場合や、一度表示した画像やCSSファイル、JavaScriptファイルが他のページでも使われている場合には、改めてサーバーと通信してデータを取得するのではなく、ハードディスクから読み込むことで、表示を高速化している。 ブラウザ以外でもキャッシュの仕組みを利用しているプログラムは非常に多い。Webサイトに関する部分だけでも、サーバーのOSがもつファイルキャッシュ、データベースサーバーのインデックスキャッシュ/テーブルキャッシュ/クエリキャッシュ、サーバーサイドスクリプト言語の中間コードキャッシュ、コンテンツ管理システムのデータキャッシュ/ページキャッシュ、クライアントOSのDNSキャッシュなど、さまざまな段階でキャッシュが行われている。']キャッシュ[/simple_tooltip]が貯まっていると変更が反映されない場合があります。Firefox  の[simple_tooltip content='一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存しておくこと。 たとえば、Webブラウザは、一度閲覧したページやそのページで使われている画像をキャッシュとしてハードディスクに保存している。同じページをあとから見る場合や、一度表示した画像やCSSファイル、JavaScriptファイルが他のページでも使われている場合には、改めてサーバーと通信してデータを取得するのではなく、ハードディスクから読み込むことで、表示を高速化している。 ブラウザ以外でもキャッシュの仕組みを利用しているプログラムは非常に多い。Webサイトに関する部分だけでも、サーバーのOSがもつファイルキャッシュ、データベースサーバーのインデックスキャッシュ/テーブルキャッシュ/クエリキャッシュ、サーバーサイドスクリプト言語の中間コードキャッシュ、コンテンツ管理システムのデータキャッシュ/ページキャッシュ、クライアントOSのDNSキャッシュなど、さまざまな段階でキャッシュが行われている。']キャッシュ[/simple_tooltip]を削除する方法は、以下の通りです。

Firefox オプションを開く
まず、Firefox  のオプションを開きます。

オプション→プライバシーとセキュリティ
オプションが開くと左側の「セキュリティとプライバシー」をクリックして開きます。

Cookieとサイトデータ
セキュリティとプライバシーが開くと少しスクロールしてCookieとサイトデータがあります。それが上記画像のところになります。
赤枠部分の「データを消去」をクリックします。

キャッシュ削除
上の矢印のチェックを外して下は、チェック入れたまま「消去」のボタンをクリックします。
これで[simple_tooltip content='一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存しておくこと。 たとえば、Webブラウザは、一度閲覧したページやそのページで使われている画像をキャッシュとしてハードディスクに保存している。同じページをあとから見る場合や、一度表示した画像やCSSファイル、JavaScriptファイルが他のページでも使われている場合には、改めてサーバーと通信してデータを取得するのではなく、ハードディスクから読み込むことで、表示を高速化している。 ブラウザ以外でもキャッシュの仕組みを利用しているプログラムは非常に多い。Webサイトに関する部分だけでも、サーバーのOSがもつファイルキャッシュ、データベースサーバーのインデックスキャッシュ/テーブルキャッシュ/クエリキャッシュ、サーバーサイドスクリプト言語の中間コードキャッシュ、コンテンツ管理システムのデータキャッシュ/ページキャッシュ、クライアントOSのDNSキャッシュなど、さまざまな段階でキャッシュが行われている。']キャッシュ[/simple_tooltip]が削除されています。

Firefox  とChrome  どちらもコマめに削除しておくことが大事です。

その他

その他の問題は、設定などに直接反映しないのですが、[simple_tooltip content='インターネット上のウェブ ページの情報を画面上に表示するための閲覧ソフト。また一般に、コンピュータのデータやプログラムを、画面上に文字や画像として表示するためのプログラムも言う。']ブラウザ[/simple_tooltip]を常に最新に保つということです。
Firefox  とChrome  どちらも最新のアップデートなどがある場合に動作が不安定になることもあります。

Chromeのアップデート
Chrome  をアップデートする方法は、「ヘルプ」→「Chromeについて」を開きます。

Chromeアップデート
開くと自動的に更新ある場合は、更新がはじまります。Chrome  を再起動したら最新版です。

Firefoxアップデート
Firefox  のアップデート方法は、まず「HELP」をクリックします。

Firefoxアップデート
次に「Firefoxについて」をクリックします。

Firefoxアップデート
再起動したら最新版になります。

Windowsのチェック項目

くまはちLABでは、Macもありますが大半がWindowsということもありWindowsについてのチェックしておきたい部分について解説しておきます。

アップデート

[wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”]Windows7

 

Windows7

[/wc_column] [wc_column size=”one-third”]Windows8.1

 

Windows8.1

[/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”]Windows10

 

Windows10

[/wc_column] [/wc_row]

アップデートを怠っていると場合によっては動作が不安定になることもあります。
Windowsでは、毎月決まって9日にアップデートが出ます。それ以外にもSecurity Essentialsをインストールしている場合に頻繁に定義がアップデートされていきます。
アップデートは、コマめにやっておきたいものです。

 

文字コード

文字コード
Windowsでは、Terapad  などで開くとたまに文字コードがShift-JISになってしまうことがあります。WordPressは、文字コードがUTF-8なので文字コードが違うとうまく動作しないこともあります。また、Windowsアクセサリに入っているメモ帳での編集は厳禁です。メモ帳では、文字コードの編集ができません。

 

WordPressのチェック項目

パソコンも[simple_tooltip content='インターネット上のウェブ ページの情報を画面上に表示するための閲覧ソフト。また一般に、コンピュータのデータやプログラムを、画面上に文字や画像として表示するためのプログラムも言う。']ブラウザ[/simple_tooltip]も問題なければやはりWordPressかもしれませんね。では、基本的にどこを確認しておくべきでしょうか?

スタイルシート

子テーマstyle.css
スタイルシートについては、{}をちゃんと閉じているのか?
画像関連であれば相対パスの間違いやフルパスのアドレスなど
上記の2つが問題なければ優先度の問題があるかもしれません。
スタイルシートには、どこに記述するのかと記述方法によって優先度が違います。
試しに下記のように試してみるのも1つの方法です。

上記の場合なら下記のように変更してみます。

font-sizeに!importantを付加してみました。このように優先度を上げる方法もあるのです。

テーマファイル

[wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”]Lightning[/wc_column] [wc_column size=”one-third”]MH Magazine Lite[/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”]BusinessPoint[/wc_column] [/wc_row]

テーマファイルをカスタマイズした内容が反映されない場合、まず先述の文字コードがUTF-8になっているのかを確認する必要があります。
外観→テーマの編集でのカスタマイズは、オススメしません。特にfunctions.phpなどの編集は、FTPでダウンロードしたファイルを編集してください。テーマの編集で上書きできないというのは、よくある事例の1つです。

 

その他


その他については、借りてるレンタルサーバーの特性によって特有のエラーが出る場合もあります。
その場合は、レンタルサーバーのHELPなどに記載されていることも多いので確認しておくことをオススメします。くまはちLABでもリセーラーとしてレンタルサーバーを扱っておりますがよくある事例  については、当サイトでも紹介しております。

 

YouTubeチャンネル

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
]]>

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!