ページ分割時に目次を使っている場合にリンク確認

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

プラグインを使わずに目次を作成してページを分割するとリンクが正常に動かないことがあります。そういった場合に手動でリンクアドレスの変更をしておく必要があります。ページを分割してしまうとページアドレスが変わってしまうのでNAME属性だけではうまく動作してくれないようになってしまいます。作成する時は、1ページなのでそのままにしてしまいがちです。

 

目 次

目次とは?

Table of Contents Plus
記事の冒頭に設置しているリンクのことですが、プラグイン使っている場合は、プラグインによって自動的に書き換えてくれる場合もありますね。くまはちLABでは、使っていないのでその辺りのことはよく知りませんが・・・
くまはちLABでは、基本HTMLタグをテンプレートにして使っております。

目次のHTML
アンカータグのアドレスは、ページ内なので#***としています。

ページを分割するプラグイン

Automatically Paginate Posts
ページを分割するには、Automatically Paginate Posts  を使います。使い方については、下記のページを参考にしてください。
 記事構成でユーザーの利便性を上げる方法  
[blogcard url="https://wp908.sakura.ne.jp/wp/2018/12/31/article-structure/"]

ページ分割
分割されたページ下部には、上記のようなページネイトが表示されます。

分割したらアドレスが変わる

アドレス変更
ページが分割されるとページアドレスが変更されるために目次のリンクアドレスも変更しないと移動できなくなります。これを回避するためには、手動でリンクアドレスを修正するほかありません。

 

目次のリンクを修正

目次アドレス変更
先述のアドレスが変わるということで法則にそって目次のアドレスを変更します。
変更して上書きすると問題なく動作するはずです。
作成する場合は、1ページで作成しているので動くと勘違いされる方もいるかもしれませんが実際は動かないのでご注意ください。

YouTubeチャンネル

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
]]>

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!