無料テーマ MH Magazine Lite

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

MH Magazine Lite 」はWebマガジン、ニュース、ポータル、あるいはブログにだって使える数少ない貴重な無料テーマと言えるでしょう。 有料ですと色々なジャンルに特化したニュース・ポータル系のテーマも数多いですが、無料テーマはあまり見かけませんからね。

この「MH Magazine Lite 」には、レスポンシブ機能やサポートがついた有料版もありますが、無料版でも十分なデザイン性、機能性、カスタマイズ性でかなりの数の子テーマテンプレートがあったりします。

特に強調したい点として、トップページ・カテゴリーページ・投稿ページのそれぞれの見出しタグが検索エンジンに最適化されており、SEO対策に有効な作りになっていることです。 SEO対策はプラグインで対応できることも多いですが、この見出しタグの最適化だけはテーマのファイルを直接いじらないといけないことなので非常に助かります。

 

目 次

MH Magazineの選択

MH Magazine

MH Magazine Lite は、20種類ほどの子テーマがあっていろんなバリエーションのあるテーマです。ただ、子テーマを使うとその子テーマというわけにいかないのでデザイン部分をコピーして子テーマ作成が必須になります。 MH Magazine Lite は、どのテーマを使うのかというところからがスタートになります。 上記画像以外にもいろんなテーマがあります。「MH Magazine」でまず検索してみてください。

  • トップページ用ページテンプレート:自由にレイアウト変更!
  • カスタムバックグラウンド:背景画像、色を変更!
  • ロゴアップローダー:サイトタイトルにロゴを簡単設置!
  • カスタムメニュー:ヘッダーにカスタムメニューを簡単設置!
  • カスタムウィジェット:トップページ、投稿ページを改造!
  • 独自ウィジェットパーツ:Facebookページとの接続・連携も簡単!
  • ページナビゲーション:SEO対策にもユーザビリティにも有効!
  • SEO対策:見出しタグを検索エンジンに最適化、検索上位を目指す!
  • 広告スペース:広告貼り付けスペースを十分に確保!
  • クロスブラウザ:主要ブラウザに対応(IE8+, Firefox, Chrome, Safari, Opera)
  • 日本語化ファイル内蔵:テーマをインストールしたらすぐに使えます1
  • 英文マニュアル付き :Googleサイト翻訳を使えば日本語でバッチリ!

 

インストール

MH Magazine Lite

MH Magazine Lite  をまずインストールして有効化します。 MH Magazine Lite  が親テーマになります。 どの子テーマを選ぶかでカスタマイズ方法が変わるのですが、基本はMH Magazine Lite  になります。

 

設定

このテーマは、TOPページをウィジェットで設定していけるように設計されていて無料版ではその幅が少ないのですが、十分すぎるほどの設定が可能になっています。 コンテンツを横幅いっぱいに使う場合は、CSS(スタイルシート)の設定変更が必要になりますが・・・

スライダーは、ポストスライダーになっていてBusiness Point  に似ていますがヘッダースライダーでなくメインコンテンツ幅のポストスライダーになっています。

Business Point  と違う部分は、固定ページでなく投稿記事であることです。カテゴリーを選択して表示させることも可能です。

 

子テーマ作成

MH TechMagazine

MH Magazine Lite  を親テーマとして例えばMH TechMagazineをチョイスするならその子テーマを軸にカスタマイズすることになります。 MH Magazine Lite  の子テーマとして作成していくことがポイントになります。 くまはちLAB  でもアメブロカスタマイズ情報  については、このMH Magazine Lite  をベースにカスタマイズしております。

投稿ページなどの作成者を非表示にする方法などは、子テーマのCSS(スタイルシート)で行ってます。

 

カスタマイズ

カスタマイズについては、テーマ共通のカスタマイズとしてContact Form 7のメール確認やセキュリティでオーナーページを表示させない設定などをはじめいろいろとfunctions.phpやheader.phpなどをカスタマイズしております。

WordPressでは、URLの最後に?author=1をいれるとユーザー名が解ってしまう。これを表示させないコードを上記のコードの下(?>の上)に以下のように追加する。

 

content-loop.php

index/archive/searchページのサムネール、タイトル、メタ情報、概要を制御するファイル。 以下の一行を削除。

上記のコードを以下のコードに差し替える

content-single.php

投稿記事ページを制御するファイル。 以下の一行を削除。

上記のコードを以下のコードに差し替える

あくまで一例としての紹介です。

YouTubeチャンネル

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
]]>

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!