WordPress5.1のアップデートについて

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

2019年2月21日にWordPress 5.1「Betty」がリリースされました。 各バージョン毎に著名なジャズシンガーの名前を冠するWordPressですが、今回のバージョンには1976年に発表された「tight」で知られるBetty Carterから”Betty”と名付けられました。 今回の変更は、どこなのか現時点でのバグはあるのか? 知っておくべきことは?

 

目 次

アップデートについて

WordPress5.1

WordPress 5シリーズ(5.0)がリリースされるとき、新しい文章記述方式であるブロックエディター(Gutenberg)を利用可能にすることが最優先され、本来、実装する予定であった新機能などの搭載がWordPress 5.1以降に先送りされました。 WordPress 5.0.3までのアップデートによりブロックエディターの不具合の修正やセキュリティ問題への対応がだいぶ進み、今回、いよいよWordPress 5シリーズでの新機能の追加などが実施されています。

 

エディターについて

エディター

5.0から導入されたブロックエディター「guntenberg」は、これまでのマイナーアップデートにより改善され続けてきました。 しかしその中でも5.1はエディター内でのパフォーマンスが大幅に改善され、エディターの起動が早くなり入力がスムーズにできるようになりました。 エディタに関しても次回のバージョンアップでパフォーマンスが向上されていることが見込まれています。 今回は、テストでベータ版を試してみました。ベータ版は、2種類あったのですがRC1の方でしたが、困ったことにエディターに力を入れているという割りにTinyMCE Advancedは、5.1へのアップデート後はインストールができません。 これは、RCだけでなく通常版5.1も同じです。 TinyMCE X 上記画像のようにTinyMCEがインストールできないと表示されていますね。 TinyMCE Advancedを利用中のユーザーはアップデートすべきではないですね。

 

サイトヘルス

サイトヘルス

サイトヘルスとは、サーバー側で動作しているPHPバージョンを取得してインストールしていいかどうか判断する機能があります。PHPのセキュリティの部分と動作をスピードアップするための機能であると言われていますが・・・正直、RCバージョンでは実感できることもなかったです。

 

まとめ

今回のWordPress5.1のリリースについて正直、あまり印象がよくなくアップデートしたくないというのが本音です。 WordPressも正直完璧なCMSではないのでアップデートできるバージョンを選べるようにしてほしいということ これは、WordPressを管理している団体がいいと思ってアップデートしているかもしれないが、ユーザーとしてはよろしくないと思えるアップデートになってしまってるのが残念です。 また、これに伴って多くのプラグインがアップデートしてくるのですが・・・

1日に2回もアップデートする某プラグインもありそのプラグインテーマごと使用をやめようと思うほど雑なアップデートだと思っています。 必要なアップデートかもしれないが、ちゃんと検証して落ち着いてやれば1日に2回もアップデートってないと思っています。 アップデートの間隔が短い場合は、たいていバグの対応がほとんどであり実際に使用して試すことなくアップしているとしか思えないのである こういう意見は、今後厳しく書こうと思っています。アップデートより3日目にプラグインを確認したらTinyMCEがインストールできるようになっていました。プラグイン側で何か変更されたのでしょうか不明ですが、使えるようです。

YouTubeチャンネル

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
]]>

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!