アメブロで自社サイトなどにリンクする時に注意すること

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

SSLのアラート

2017年8月からのアメブロの常時SSL化から約1年経って今度は、非SSLサイトとの混在コンテンツがすべて上記のように表示されるようになりました。

上記は、Firefoxでの表示なのですが、正常に表示されてる場合は下記のようになります。

SSL正常表示

 

アラートマークで表示される原因は?

それは、非SSLサイトへのリンクがページにあること

要は、http://~はじまるページへのリンクや画像がありますよってことです。

それを調べてhttps://~はじまるアドレスに変更するだけ

と言ってもやり方がわからないって方も多いと思います。

 

回避方法は、あるのか?

回避方法は、ありますよ

2通りあります。

自社サイトがSSLの場合は、下記のサイトの方法を使ってください。

→ SSLサイトで非SSLサイトへリンクさせる方法

自社サイトがSSLでない場合は、SNSを利用します。

Twitterもしくは、Facebookを利用されてないですか?

利用されているならBufferを使うことで解決します。

Buffer

予約投稿できるのですが、Twitterなどにリンク付きで投稿する際にSSLのアドレスに置換してくれます。

SNS

そのアドレスを使ってアメブロにリンクしている非SSLのサイトへのリンクを置換します。

これは、Googleなどが推奨している301Redirectという機能を使っております。

リンクさせる文字は、非SSLのアドレスのままでOKです。

Bufferのリンク

赤枠部分のリンクを使えばいいのです。

 

アラートの場合
<a href=”http://social908.com/wordpress/2018/12/30/lightning-customize-iconfont/” target=”_blank”>Lightningで見出しにアイコンフォントを自動で入れる</a>

 

正常な場合
<a href=”https://buff.ly/2BM2n2k” target=”_blank”>Lightningで見出しにアイコンフォントを自動で入れる</a>

 

くまはちのアメブロカスタマイズ
 

アメブロのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例

お問い合わせ

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!