自社サイトを訪問してくれた方にクーポンを発行する

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

クーポンを発行するには?

自社サイトでクーポン使えるようにしたいって個人事業主の方も多いのでは? WordPressの強い見方、それはプラグインです。 WP Coupons and Dealsというプラグインを使うと簡単に実現できるのです。 英語のプラグインですが、Chrome使えばそのまま翻訳してくれるのでわかりやすくなります。 https://ja.wordpress.org/plugins/wp-coupons-and-deals/  

WP Coupons and Dealsをインストールする

プラグイン プラグイン→新規追加で[WP Coupons and Deals]を検索します。 WP Coupons and Deals 赤枠の[WP Coupons and Deals]をインストールします。 「今すぐインストール」ボタンをクリックします。 WP Coupons and Deals 赤枠の小さい方の有効化のボタンをクリックします。 これで使えるようになりました。 WordPressの管理画面で左のメニューを見てください。 [Coupons]が追加されているはずです。  

WP Coupons and Dealsの使い方

クーポン 上記のようなクーポンを作ってみたいと思います。 管理画面の左のメニューで[Coupons]→[settings]をクリックして開きます。 まず、初期設定を変更しておきます。 クーポン設定 わかりにくいのですが、クーポン設定が開かれています。 どのように表示していくのかをここで設定します。 後は、タブを切り替えて設定するのですが、Knowledge BaseやRequest a Featureは、製作元のページへのリンクになります。英語ばかりなのでChromeで開いて翻訳するとわかりやすいです。   デザイン設定 クーポンの色などの設定は、デザイン設定で行います。   投票設定 投票機能を有効にする場合の設定になります。 使用しない場合は、スルーしてもOKです。   その他の設定 タイトルリンクやクーポンが表示されるところのテキストなどに関する設定になります。 ここまで終わるとやっとクーポン作成になります。   [wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] メニュー [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”] [Coupons]の中の[Add New Coupon]を開きます。 新規追加と言う意味になります。 覚えておくとその分、作業が早くなります。 [/wc_column] [/wc_row] [wpcd_coupon id=undefined] 流れとしては、クーポンを作成して作成したクーポンを表示したい固定ページもしくは、投稿にショートコードで挿入するという流れになります。 クーポン作成 作成画面もこんな感じで英語ばかりです。 ある程度画像に翻訳しているので参考にしてください。 クーポンの作成が終わるとページへクーポンを挿入します。 クーポン挿入ボタン 赤枠のボタンをクリックするとクーポン挿入画面が出てきます。 複数ある場合は、選択します。1つの場合は、そのまま挿入ボタンでショートコードが入ります。 いかがでしょうか? 結構、簡単に自社でクーポンを発行するにはいい方法だと思います。 これなら初心者の方でも覚えるとすぐに活用できそうですね。  

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
]]>

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!