WordPress含めたサイト構成について

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

サイト構成とは? まずは実際にどのようなページが必要なのかを考え、リストアップしましょう。 必要なページが後から出てくると、構成図にも影響してきますので、最初にしっかりと考えると良いですね。 例えばビジネスのサイト(仕事)を作成する場合、下記のようなページが必要になるかと思います。 (ある有名コンサルタント会社推奨例) トップページ—○○○とは +サービス————商品(サービス内容ページ)—-購入または申込みページ +選ばれる理由 +お客様の声 +ブログ————–カテゴリー———————-記事 +会社概要————代表挨拶 +——採用情報 +——沿革 +お問い合わせ——–お問い合わせ完了ページ +–よくある質問 固定ページ構成 WordPressでのページ構成は、図のようになるのが、一般的ですね。 同じように当てはまるように考えてみてください。 固定ページで作る部分の例になるのですが、WEBサイトでのメニューに表示される部分でもあります。固定ページは、親子関係になるページもあり、それはメニューでも子メニューとして表示されます。 具体的には、下記のページを参照してください。 → WordPress 固定ページについて  

WordPressのディレクトリ構成

ディレクトリ構成 上図は、WordPressをドメイン直下にインストールした場合になります。 ただ、上図の「wp」というフォルダ作ってそこにインストールする場合もありますが・・・ 上図では、複数のWordPressをインストールした例になります。 また、FTPソフトで見た場合にフォルダやファイルをバックアップすればいいのですが、記事や固定ページなどは、WordPressではご存知の方も多いですがデータベースの中に保管されています。 なのでFTPでバックアップとっただけでは完全ではないと言うことを知っておいてください。 テーマやプラグイン・翻訳ファイルは、完全に復旧できますが・・・ 復元できるプラグインもあります。(All-in-One WP Migration)  

ブログ構成

ブログ構成 ブログ構成は、上図のようになります。 カテゴリーに記事が紐付くのですが、カテゴリーも固定ページ同様で親子関係が存在します。 大分類小分類というように・・・ 厳密に言えばカテゴリーも1つのページになります。 また、場合によってはSEO効果がある場合もあります。 作成する記事もカテゴリーを考えて作成してみてください。  

まとめ

WEBサイト全体として考えた場合、構成を考えて作るとまとまりのあるサイトとなり、記事などもビジターが探しやすいというメリットがあります。 後は、関連ある記事やページは、できるだけ内部リンクしておくことです。これは、WiKiペディアのページを見てもわかる通りです。確実に内部リンクで繋がっています。 SEO効果高いページから学ぶことも1つの方法なのです。 サイト構成を考えてみてください。また、違った見方ができ今までとは違う部分を発掘できるかもしれません。 まずは、広告のウラにでもリストアップしてみて書き出してみることです。   YouTubeチャンネル YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!  

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
]]>

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!