WordPress5.0へのアップデート

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

WordPress5.0アップデートについて

かねてから噂のあったWordPress5.0へのアップデートがはじまりました。 評判の通り、固定ページや投稿の新規追加でエディターがGutenberg(グーテンベルク)が標準エディターに変更されます。 これにより今までプラグインで追加されていたショートコードなどがボタンで追加できないといった不具合になります。ボタン挿入やアコーディオン、画面の分割・スライダーなど・・・ Lightningというテーマは先行してアップデートに備えた対策をしていたようです。そのために事前に何度もアップデートを繰り返していました。

Gutenberg(グーテンベルク)とは?

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] Gutenberg(グーテンベルク) [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]
Gutenbergグーテンベルク)は、WordPress?5.0 で搭載される予定のビジュアルエディターです。 …Gutenbergでは、「ブロック」という機能によって、見出し、文章、画像などの要素を組み合わせて作成することができます。 HTMLを記述しなくても、リッチなページを簡単に作成できるようになります。
[/wc_column] [/wc_row] ただ、まだ翻訳が中途半端であること 使い慣れた方がまだ少ないことなどからClassic Editorをインストールして従来のエディターに変更される方が多いと言うのが実情ですね。 正直、まだわかりにくいです。 個人事業主が自分自身で運営する場合に記事作成に余計な時間がかかってしまう可能性の方が高いですね。まだ、このエディター熟知されている方も少ないですから・・・

アップデートしてしまったら?

アップデートしても大丈夫ですよ。 Classic Editorをプラグインでインストールすれば問題ありません。テーマによってはテーマそのものをアップデートする必要もある場合がありますが・・・ 動画の中でもインストールする方法を含めておりますので1度見ていただけたらと思います。 問題なくアップデートできたテーマは、以下のテーマになります。 以上のテーマは、くまはちLABで確認済みです。 その他のテーマについては、まだ確認しておりません。

Classic Editorインストール

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] Classic Editor [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”] 旧のClassic Editorに戻す方法は、プラグインでClassic Editorをインストールするだけです。 左記の画像の赤枠の部分をクリックするとページ下部まで一気に進みます。 その下にダウンロードボタンがあります。 詳細は、上に表示されている動画でご確認ください。 [/wc_column] [/wc_row]
YouTubeチャンネル YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
]]>

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!