イベントページの作成について

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

イベント作成

イベントを作成する前にまず、主催者決まっていますか?

また、公開にするか非公開にするか決まっていますか?

この2項目については、後から変更できない部分です。

作成する前に決めておいてください。

作成には、スマホがいい時とパソコンがいい時と両方あり

スマホだけに許されることがあります。

 

パソコンでの作成

イベント作成の場所

パソコンでニュースフィード(通常はログイン後ここが表示される)を開きます。

上記画像の赤枠の中のイベントをクリックします。

 

イベント作成

開くとこんな画面のイベント作成画面が開きます。

まず、ここで公開イベントにするか非公開イベントにするか決定しなければいけません。

1度保存もしくは、投稿した後で変更できません。

 

イベント公開設定

画像の通り書いてある通りなのです。

今回のケースでは、公開イベントにします。

次に大事なことは、イベント主催者を決定します。

個人なのか、Facebookページなのかグループなのか

 

イベント主催者

今回は、個人名を選択してみました。

ここまでの2つの項目は、下書き保存もしくは公開後に変更できません。

間違った場合は、イベントキャンセルをして作成しなおしになります。

その他については、どんどん後から変更できますが・・・

 

画像とタイトルの設定

赤枠の部分にあるイベントページ用カバー写真の設定とタイトルの設定をします。

こちらは、後でも変更可能ですが・・・

まず、画像についてですが・・・

→ Facebook HELPページ

最適な結果を得るには、1200 x 628ピクセル(約2:1のアスペクト比)の写真または動画を選択します。推奨される動画の再生時間は30秒から制限時間の5分までです。

写真が大きすぎてもパソコンでは、フィットサイズになることもあります。

しかし、スマホやイベント情報のページなどで見るとえーーーって表示になってることも少なくないのです。

イベントページ(パソコン)

こちらは、推奨サイズのまま画像を作成してアップロードした結果です。

 

イベントページシェア

タイムラインにシェアした時の表示です。

 

イベントでの表示

イベントに表示された時の表示

パソコンでは、全く同じように表示されました。

大きさの違いはありますが、同じ比率で圧縮されてます。

 

スマホアプリでのイベントページ

スマホアプリでの表示状態

 

イベント あなたのイベント

イベント 主催イベント

推奨サイズで作成した場合にイベントでの一覧表示の場合にのみ違う比率での表示となるようです。

表示状態を知らないとそれに合わせたカバー写真を作れないのも事実

今回の検証では、1200X628pxでの作成であればパソコンやスマホで同じ比率で圧縮された画像として表示されるということです。

イベントの告知など大事なので意図した画像がちゃんと表示されているのか確認が必要です。

また、今回はパソコンとスマホという切り分けをしましたが・・・

スマホの場合は、iPhoneとAndroidで表示が違う場合があります。

このページで表示したものはiPhoneからのキャプチャー画像になります。

 

次にタイトルですが・・・

パソコンで作成する場合は、タイトルで大文字アルファベットばかり使えません。

上の画像を確認してください。

Facebookとなっているでしょう。

FACEBOOKでは、作成できないのです。

ただ、スマホで作成した場合は、そのまま投稿できるようです。

→ 参考イベント (アルファベットが大文字だけになってます。)

後でパソコンで編集する場合は、変更しないと更新できませんが・・・

後、文字数制限が64文字になっていますが、この数字アテにならないことがあるということを知っておいてください。

これは、経験値で64文字ちょうどだったですが、更新できないので文字数を減らしたところ

すんなり更新できた事例があります。

 

開催場所

開催場所の登録をしていると地図の表示もできますが・・・

連動しているのは、Bingの地図になります。

実は、時折バグで住所と違う場所を表示することがあります。

そうなることを想定してGoogleMapへのリンクを入れておくと便利です。

できれば注釈も入れておくといいかもしれません。

アドレスが長いのでWordPressなど所有されてる場合は、Simple 301 Redirectを使うとショートアドレスが使えるようになります。

無料で使えるところありますが、すでに撤退表明しているところが多くサービスが終了すると機能しなくなります。自社であると便利です。

 

下記のページも合わせて確認していただけると違う部分ももっと知っていただけると思います。

→ イベントカテゴリーについて

→ イベント作成時のエラーについて

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!