CGI設置について CPIサーバー編

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

CGIとは CGI 一般的なホームページは、HTMLと言われる装飾機能を持った簡易言語で書かれています。 現在では、ほとんどの方々がホームページ作成ソフトを使用してデザインし、 簡単に作成できますのでHTMLを学習する必要もなくなりました。 HTMLドキュメントは、制作者がサーバにアップロードすれば、変更するまで毎日、毎回、同じ物を表示し続けます。 一方、CGIで作成されたページは、制作者はもちろん、訪問者が更新したり、 訪問者のリクエストに応えて毎回違ったページを表示させる事もできます。 この事からインタラクティブ(双方向性)なWEBページと呼ばれているのです。 インタラクティブなホームページは、Javaスクリプトでも作成することはできますが、 CGIがサーバ上で動作するのに対し、Javaスクリプトは、 すべてのコードをダウンロードしてクライアントマシン(皆さんのパソコン)で動作する為、大きなプログラムは非常に重く、 実用的ではありません。 さらに、何と言ってもクライアントで動作すると言うことはサーバを操作する事が絶対にできないことです。 アクセスカウンタや、掲示板が訪問者のクライアントで動作しても何の約にも立ちません。 1つの掲示板を多くの方にご利用いただいてこそ掲示板なのです。 Javaスクリプトには、Javaスクリプトにしかできない事を受け持ってもらって、 インタラクティブなページ作りはCGIに行ってもらいましょう。 Javaスクリプトにしかできないことは、ブラウザを制御する事ですから、CGIがJavaスクリプトを生成する方法もご紹介します。  

CGIでできること

あなたの作成したページは、サーバコンピュータに保存され管理されています。 このことにより、あなたのパソコンの電源が切られていても、アクセスできるわけです。 サーバは、24時間電源が切られることはないのですから。 CGIを使用しているページでは、このような時でも、ユーザーの質問に答えたり、 来客を接待することができるのです。 アクセスカウンターをつける あなたのホームページを訪れた人数を数えることができます。 来客者名簿 あなたのホームページを訪れたお客様の名簿を自動的に作成できます。 Web検索 他のホームページを条件により検索することができます。 パスワードによるアクセス制限 メンバー以外の訪問者を拒否することができます。 Webチャット 当時にアクセスしているお客様同士でお話ができます。 BBS掲示板 あなたのページを訪れたお客様が自由に読み書きできる掲示板を設置できます。 注文書 あなたのページで商品の注文を受けることができます。 呼び出し先の確認 あなたのホームページが呼び出されたアドレスを知ることができます。 プロバイダの会員のページはこの機能を使って会員を判別しているのです。 ブラウザの確認 あなたのホームページを訪れたお客様が今使用しているブラウザを知ることができます。 この機能で、ブラウザ専用の機能を使ったページが作成できます。 たとえば、「このページは、Firefox X.0以上、IE X.0以上。Chrome X.0以上でご覧ください。」 などというメッセージを表示することなく、「あなたのブラウザでは、このページの全機能をご覧いただけません」 というメッセージを表示することもできるのです。 刻々と変化するページ 呼び出した人、呼び出した条件、呼び出した時刻などでいつも変化するインターラクティブなページが作成できます。 この他にもCGIでできないことはないと言われるぐらいさまざまなことが可能になります。 CGIプログラムは、実行ファイルなのでサーバー側としては、知識のない人が見よう見真似などで設置することを嫌う傾向にあります。 それは、多くのレンタルサーバーでほとんどの人が共用サーバーを利用してるということ エラーが出た場合に他の方々に迷惑をかける可能性があるということです。 このことをよく認識しておいてください。 共用サーバーでレンタルしてるということは、マンション買って生活してることと同じです。 まぁ、経費的に専用サーバー借りるって中々できないと思いますから・・・ 専用サーバーは、戸建てって感じです。 サーバーによって細かく取り決めがあったりしますのでそれをちゃんと知っておく必要があります。 CPIサーバーの場合の注意 CGIスクリプトの拡張子は .cgi でなくてはならない。 CGIスクリプトを置いたフォルダに .htaccess を設置しなくてはならない。 CGIスクリプトを設置するディレクトリが決められている。 CGIスクリプトは別のサーバーに設置しなくてはならない。 CGIスクリプトに引数を渡すことができない。  

perl/sedmailのパス名を調べる

ここでは、perl を用いたCGIの設置方法について述べますので、まず、perl のパス名(置かれている場所)を調べてください。 BIGLOBE では /usr/local/bin/perl となっています。他のプロバイダでは /usr/bin/perl だったり、/usr/local/bin/perl だったりするようです。CGI をサポートしているプロバイダであれば、perl のパス名くらいは説明していると思いますので、プロバイダ提供の説明書を参照してください。 CPIサーバーの場合は、/usr/bin/perl になってます。 1行目の #! の後にはperlのパス名を記述します。#! の前には空行や空白文字を入れないようにしてください。

CGIスクリプトを転送する

CGIスクリプトを、FFFTP や WS_FTP や Fetch などのFTPソフトでサーバーに転送します。 .htaccess が必要な場合は、これもあわせて転送します。この時、改行コードが適切なものになるように、[テキストモード]や[ASCIIモード]で転送するようにしてください。

CGIのパーミッションを変更する

サーバーがUNIXの場合は(現在は多くのサーバーがUNIXです。)、CGIスクリプトのファイルのパーミッションを変更する必要があります。「パーミッションを変更するには」を参照して、CGIスクリプトのパーミッションを 755 (rwxr-xr-x) に変更してください。 CPIサーバーでは、705を推奨しています。
 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
]]>

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!