Lightningでランディングページを作成する

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ランディングページを作成する

ランディングページとは?

ランディングページ(Landing Page)とは、検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのことです。
訪問者がホームページに着地する(land)イメージからこの名前がつきました。略してLPとも呼ばれます。
ただし、以上の定義は、広い意味(広義)のランディングページのことを指しています。
ここがややこしい部分なのですが、「ランディングページ」と一口に言っても、「広義のランディングページ」と「狭義のランディングページ」が存在します。
特に初心者は両者の意味を混同しやすいです。
Webマーケティングの場面でもっぱら使われるのは、後者の狭義のランディングページのほうです。
ランディングページの意味をしっかりと理解するためにも、まずは広義と狭義の違いをおさえてみましょう。

ランディングページの目的とは?

ランディングページが目的としている訪問者のアクションには以下のようなものがあります。
・商品の注文やお問い合わせ→直接的な売上げアップ
・見学会や内覧会などのイベントの予約→見込み客の発掘
・試供品や無料会員、無料体験版への申込み→見込み客の発掘
・求人募集への申込み→人材の獲得
検索結果やリスティング広告、SNSなどから流入した訪問者をダイレクトに注文やお問い合わせなどのアクションに結びつけることに特化したページ。
それがランディングページです。

ランディングページの特長

縦長のページ作成となる

ランディングページ(LP)は営業トークを再現しているので、情報量が多い

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]
ランディングページ(LP)は集客からお問い合わせのアクション誘導までを単独でおこなえるように設計されています。
そのため、通常の企業ホームページよりもセールスレターやチラシに近いレイアウトになっています。
ランディングページは営業のセールストークを1枚のページで再現したような構成になります。
営業トークを順序立てて再現しているため、どうしても情報量が多くなり、縦長のページになるのです。 [/wc_column] [/wc_row]    
 

他のページのリンクが極端に少ない

ランディングページ(LP)は他のページのリンクが極端に少ない傾向にあります。
これはランディングページ(LP)が注文やお問い合わせなどのアクションを訪問者に起こさせることに特化しているからです。
ちなみに、訪問者が商品・サービスの注文やお問い合わせなどのアクションを起こしてくれた状態のことをコンバージョンと呼びます。
他のページへのリンクを設置すると、回遊性が上昇して直帰される確率が下がります。
しかし、訪問者が「会社案内」などのコンバージョンにつながらないページに移動してしまうと注文やお問い合わせを起こしてくれる確率が下がります。
それでは、訪問者がコンバージョンを起こしてくれる確率を手っ取り早く高めるにはどうすればよいのでしょうか?
答えは簡単です。
コンバージョンにつながるページ(注文フォームやお問い合わせフォーム)以外のページの出口を全て潰してしまえばいいのです。
ランディングページ(LP)はこの発想で作られています。
 

デザインに制限がない

といってもLightningのテンプレートで作成するのは限界もありますが・・・ 通常、ペライチなどのランディングページではページを端から端までいっぱいに使っています。 しかし、Lightningではサイドバーを表示したりするのでもし同じように端まで使うならノーサイドバーのテンプレートを使う方がいいかもしれません。 ランディングページの構成 ノーサイドバーだとこんな構成になることが多いです。
 

実際に作成してみる

固定ページ 作成するには、まず固定ページ→新規追加を開きます。 赤枠の中のテンプレートを変更します。   [wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] テンプレート変更 [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”] 左の画像のようにテンプレートを変更して作成します。 ただ、サイドバーを表示したくない場合は、No Sidebarを選択しましょう。 これで他社サービスを使うことなくランディングページを自社サイト内に設置できます。 これは、それほど難しいことではありません。 いかがですか? 初心者の方でも使えるということが分かっていただけると思います。 [/wc_column] [/wc_row]

まとめ

ランディングページは、作成する要点をしっかり抑えて効果的に作成することがコツです。 ダラダラ書くのではなく要点をしっかり書いてインパクトあるランディングページを作りましょう。 メルマガ・ステップメールなどの登録だけでなく教室などの生徒募集や採用募集などにも最近ではよく使われております。
YouTubeチャンネル

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
]]>

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!