WordPress 投稿と固定ページの違い

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

WordPress 投稿と固定ページの違い 実はコレ、簡単そうで簡単でない問題なのです。 見た目には、どこが違うの??? って方も多いと思いますね。 順番に説明しますね。

投稿について

新規投稿 そもそもWordPressが台頭してくる前にブログって独立したものでした。 たいていは、FC2ブログやアメブロ・ライブドアブログなどで書かれていた方も多いですね。 そんな中でWordPressが登場してホームページとブログが融合したものになってしまった。 元々、従来ブログ投稿されていた部分が投稿の部分なのです。 固定ページとの違いは、上の画像の右側 カテゴリーが表示されていますね。 固定ページには、カテゴリーが存在しません。 また、投稿に関しては親子関係のページ構成ができません。 どうしてもと言う場合には、プラグインが必要になりますね。 ここでの記事作成数は、SEOにも大きく影響しますね。 3ヶ月で300記事投稿とかスパルタなWordPress講座もあるようです。 たいていの場合は、半数以上がその時点で脱落していますけど・・・ 作成された記事は、最新投稿などでも表示されますが、基本は一覧表示される仕組みになっています。 ブログ投稿全体もしくは、カテゴリー別の一覧など・・・

固定ページについて

固定ページ新規投稿 固定ページは、投稿と違い 右側でカテゴリーがありませんね。 親ページの設定やテンプレートの設定などがありますね。 下の順序は、一覧に表示される順番やメニューなどの順番にも影響する場合があります。 ただ、この固定ページではトップページやサービス・会社概要・採用情報・アクセス・お問い合わせなどがほとんどですね。 1つずつ追及すると25ページくらいになることもありますが・・・ オーソドックスな流れでいくとメニューバーに表示されるのがたいていは、固定ページで作成されたものです。  

まとめ

基本的に違いについてご理解いただけましたでしょうか? 使い方については、固定ページを閲覧してもらう手助けになるのが投稿ページの役目であると思うのです。 例えばサービス一覧があってその中に5つのサービスがあればその1つ1つに特化した記事を書き誘導する導線のような役割ですね。 それをもっと派手にやろうと企画するとランディングページになるわけです。 似て非なるものが投稿と固定ページの違いです。 YouTubeチャンネル YouTubeへのチャンネル登録もよろしくお願いします!
 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
]]>

くまはちLABのご利用ありがとうございます!くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!