CPIサーバーでWordPressをインストールする

この記事のURLとタイトルをコピーする

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。
(専門用語などにはポップアップする説明をつけているので時間が長く表示されることがあります。
ツールチップの機能については、こちら)

CPIサーバー管理画面にログインする

ユーザーポータル
サーバーをレンタルしたときに設定情報の中に書かれたファイルにIDとパスワードがあります。
それを使ってログインします。
 
ウェブコントロールパネル
ウェブコントロールパネルをクリックして次に進みます。
 
公開サイト用設定
この画面で「公開サイト用設定」に進みます。
 
ソフトライブラリー
この画面で「ソフトライブラリー」に進みます。
 
CMSインストーラー
この画面で「CMSインストーラー」に進みます。
 
WordPress
WordPressをクリックして次へ
 
インストール
インストールするディレクトリーを選択してインストールのボタンをクリック
 
インストール
赤枠のリンクをクリックします。
 
さぁはじめましょう
赤枠のボタンをクリックします。
 
DB設定
くまはちLABレンタルサーバーを借りられてる場合は、最初にお渡ししている設定テキストファイルをご確認ください。
データベースのパスワードをコピペします。
 
インストール
インストールを実行します。
 

必要事項を入力します。
ユーザー名は、同じドメインで複数のWordPressをインストールした場合に同じにするとChromeやFirefoxなどで開いた場合にIDパスワードの記憶がごちゃまぜになる場合があります。
パスワードは、生成されたパスワードのまま使用する方が無難です。
簡単にするとセキュリティ上で危険です。
メールアドレスは、後で変更しなくていいメールアドレスを入れておくほうが無難です。
変更は、できますが・・・
OKであれば「WordPressをインストール」のボタンをクリックします。
ログインページが開きましたか?
ログインページが開くと成功です。
まずは、ログインしたときに1番最初にやっておく設定に進んでください。
→ WordPressインストール後に最初に確認すること
 


 

チャンネル登録

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ
LINEスタンプ
LINE@友だち追加
Vektor WordPress Solutions
Vektor WordPress Solutions

くまはちLABのご利用ありがとうございます!
くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!